ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

カテゴリ: ワクチン

今回はワクチン接種についてつぶやいてみようかと思います。この事についてはあんまり触れるつもりはなかったんですけど、特にアメリカと日本比べてみて進捗状況がかなり違うようなので、とりあえずアメリカのニューヨークではこんな感じですよってお伝えできればと思います。

本当に予防接種なんて何十年ぶりなんですけどね、今、アメリカは何が何でも独立記念日前までにコロナにかたをつけてマスク無しでバーベキューがしたい! ニューヨーカーは夏はハンプトン行ってパーティー三昧したい! とその一心で一致団結してる感じです(あくまで僕の肌感ですが...)

会社勤めの方なんかはそろそろワクチン接種が済んだ人から徐々に通常出勤を増やしていってリモートワークとハイブリッドで進めた後に完全再開を目指す!ってところが増えて来てるんじゃないかと。

最近ワクチンパスポートって盛んに言われるようになってきてるんで、ワクチン接種終わってないとこの建物には入れませんよ!とかこの国には出入国出来ませんよ!的な流れに社会全体がなっていくんだろうなと思います。

こりゃもうさっさと打っといたほうが良いなと思ってインターネットで予約入れようとしたらその週は近所で予約が取れず、とろとろしてたのもあって約2週間後にようやく予約が入れられて。

で、先日1回目の接種行ってきました。僕はモデルナ社のワクチンでした。


僕は朝一だったので、後からその日予約を入れてた人たちが15人ほどぞろぞろと薬局の前にたむろ...日本だったら“密です!“ ってやつです(笑)。

IMG_0219

注射はすぐに終わって、最低15分は座って待ちましょう!って書いてあったので座ってまってたら、5分も立たないうちにさっき僕に注射してくれた薬局の人が、ちょい半ギレ気味に、

”You are good to go!”(何まだそこに座ってんの?しっしって感じでちっちゃいカードだけ渡されて...)


半強制的にRite Aid から追い出されて...


打たれてすぐは何ともなかったんですが、筋肉注射なんで打たれたところがだんだん痛くなってきて、次の日は結構痛かったので、くれぐれも利き腕じゃない方に打ってもらいましょう!
(僕は仕事で使う方は主に右なんで左腕に打ってもらったんですけどね、元々左利きなんで、料理とか、窓開ける時とか、物取るときとか、動くたんびに痛くてですね、かなりテンション落ちました...でも接種当日は念には念で仕事もオフにしてたので1日中寝てましたね。でも高熱が出たりとか酷い吐き気とかは無かったです。

FullSizeRender
2回目の摂取は約1ヶ月後の日時がカードの裏に書いてあったんですけど、時間が書いてない…この日だったらいつ行っても良いって事? んなわけないよね...で、帰って(追い出されたんで)電話して問い合わせようとしたら、電話での応答は受け付けてませんだと! しょうがないからインターネットで予約入れようとしても予約入れられません!で、結局次の日、テキストで1ヶ月後の同じ時間に来てくださいとの通知が…


もうね、この息苦しいコロナ統制から解放されるんだったら注射でも何でも打ちますよ。間隔開けて2回も打たないといけないのはかなり面倒いですけどね。


でも、5月、6月、7月とアメリカを中心に経済再開でお祭り騒ぎ状態になってきて、アメリカに右にならえ!の日本もだんだん焦ってきてワクチン接種であちこちで行列&争奪戦!みたいになるかも? 陰謀論的なこととか副反応が心配的なことでワクチン接種嫌だなーって人もいるかもですが、ポツンと一軒家で完全自給自足で生活してる人以外は、早めに打っといたほうが良いんじゃないかとは思いますね。


ということで、僕らの華麗なるギャッツビー時代にもう片足突っ込見始めてるアメリカ、ニューヨークからコロナの予防接種状況お伝えしました!

あとがき:

そういえばニュースで予約なしでワクチン接種できる場所もオープンしたみたいです。タイミング悪し。僕はもう2回目の予約も入れられちゃってるので…仕事で忙しくて時間が取れない人は自然史博物館に行ってクジラの下でワクチン接種ってのも良いかもですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

僕のブログ読んで下さっているみなさん、お久しぶりです。

お久しぶり過ぎて何から書いたら良いのか見失っております。まあ最近のニュースと言えばワクチンの接種が爆速で進んできて予定を前倒しで4/6から16歳以上の人はみんな接種の予約が取れるようになったって事ですかね。更に2週間も前倒しで4/19から全成人がワクチン接種可能となり、コロナ完全克服に向け、アメリカ人の鼻息は荒いです。僕の会社も5月から通常営業再開と、いよいよコロナ後の世界のゲートが開きつつあるアメリカです。日本とはちょっと違った雰囲気の世界が展開されつつあるんじゃないでしょうか? 

ちょっとここで、アメリカのニューヨークに住んでる日本人が描く2021年はどんな感じなのか、呟いていこうと思います。

先ず、今アメリカは7/4までに全国民がワクチン接種完了してコロナに完全勝利するという目標に向かって突進中です。もう既に30%以上の人がワクチン接種を終え、気分はもうコロナフリーって感じで、昼間からほろ酔いでマスク無しで浮かれてる若者がたむろし始めてるのをちらほら見かけると、

”半狂乱の時代の到来がいよいよ近づいて来たな”

って思います。コロナのせいでもうかれこれ1年以上も閉じ込められてきたアメリカ人がワクチン打って次にやることと言えば...もうお分かりですね。パーティーですよパーティー!!!飲めや歌えのどんちゃん騒ぎです。国からは3回目の追加支援金も振り込まれましたし(お金を貯金するのは日本人の専売特許だったはずなんですが、アメリカ人溜め込んでます!アメリカ人がこんなに溜め込むの、後にも先にもないでしょう前代未聞です)。ん、今、小耳に挟んだんですが、貯蓄率がアメリカは日本の2倍なの! 多分日本人は投資する人が少ないからいつのまにかこんなに差がついちゃったんですね。銀行にコツコツ貯金してれば安全って時代はもう完全に終わってます。貯蓄でも完全にアメリカに負けてる日本、なんか悲しい...

とにかく早くて夏、遅くても秋には大バケーションをアメリカ人は計画してる事でしょう。

失業率も低下、雇用も拡大、株式市場も2月3月と停滞していましたが、いよいよ回復の兆しが...中にはこの4月に株価が大暴落する!なんて人もいますので、4月はじっくり状況を見定めながら慎重にって感じですけどね。

ビットコインについては去年1万ドルくらいまで戻ってきた頃からブログでもワーワー言ってきましたが、その頃から比べても既に6倍! もう上がりきっちゃってるから遅いでしょ、って思ってるみなさん、まだチャンスはあるかもですよ! 今から10倍!ってわけにはいかないかもですが、コインベース(全米最大のビットコインのネット取引所)が満を辞して4/14に上場を控えてますし、瞬間で1ビットコイン1000万円!なんてこともあるかもしれない。このコインベースのIPO、今年最大の目玉になりそうです。コインベース株買う?買わない? 僕はもちろん買う努力はしようかなと思ってますが初日の値動きしだいですね。2021年は多分ビットコインが今後の社会に定着していく元年みたいな位置付けになっていくというか、前にも言いましたけど、お金として流通していくというよりは証券、株やゴールドのような感じで扱われていくようになると思います。逆に今はビットコインにお株を奪われてる感じのゴールドですが、逆に長い目で見ると買い時なんじゃ無いの?なんて思ってるのは僕だけでしょうか...

でも、僕が予想するコロナ後の大フィーバーは夏の夜を照らす打ち上げ花火。その後はコロナ前の日常とコロナ後の日常をそろりそろりと混ぜ合わせていく地味な生活が待ってるのかなと。後はしっかり品種選んで植えておいた種にしっかり水をやってじっくり育てていくような日々になるんじゃないかと思います。

後、つい最近まで過半数の人がオリンピック中止すべきって日本人は思ってるって報道で溢れてましたけど、僕はオリンピックは開催されると思うし、開催して欲しいと思ってます。白血病克服して驚異の回復を見せてる競泳の池江選手が我が国ニッポンで金メダル獲得して世界中を感動の渦に巻き込んで欲しい!!!

最後に今アメリカでアジア人に対するヘイトクライムが急増中ですが、ブラックライブスマターといい、タイミングを図って起こっている?って感じてしまうのは僕だけでしょうか? 
僕なんてアメリカ来てすぐの頃、なけなしのバイト代で買ったビデオデッキ、3人組の男に良いように騙されて盗まれたり(この話し出したら長くなるので今回は省略...)、自転車で走ってたらいきなり顔ぶん殴られて起き上がった頃には、その男は車で逃走(多分なんかむしゃくしゃしてただけなんでしょう。たまたま居合わせた僕のタイミングが悪かった...)と、ニューヨークで何十年も生きてるアジアンとしては、

“なんで今更ニュースになってる?”

って感じです。いろんな鬱憤が、自分より弱そうで何喋ってるかわかんない黄色い肌の人種に向けられてるってだけの話しで、この手の犯罪を犯すのは大抵このアメリカ社会の落ちこぼれなわけで...で、ニューヨークではマリファナが合法化でしょ。今だけ切り取ると世も末ですな。

格差社会、人種差別、ジェンダー差別、問題なんて上げ出したらキリがない。一つだけ言えるのはワクチン打ったもん順にイッチヌーケターって感じで失った日常を取り戻せる権利が与えられるって事。あれですよあれ、ちょっと前のトランプさんの人気番組でよく言ってた “I’m immune.” ってやつですよ。

これもブログで以前言ったと思うんですけど、僕らは一回死んだらお終いの人生という名のゲームに参加してて、今まで生き延びてる人はみんな幾多の苦難を乗り越えてきたサバイバーなわけです。運が良いんだか悪いんだかわかりませんが、僕は今アメリカのニューヨークにいて、どうやらこの社会で平穏に生き延びていくにはこのワクチン接種をしないといけないようです(せめてもの希望は一番効き目が良さそうなモデルナを打って欲しいかなと...)

ハズいのでワクチン摂取した後に証明書と一緒にインスタとかフェイスブックに写真を上げるなんてことはどんなことがあっても絶対にしません。そーゆーのが似合う人はどんどん、ご自由に!(笑)。





にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日はバイオンテックとファイザーのワクチンがコロナに90%効く!って言う発表が、そのワクチンを作っている張本人からの発表で、市場は大狂乱の大騒ぎ! この発表を出したファイザーはもちろんバイオンテックや今までもうこれ以上は下がれないってくらい下がっていた航空、ホテル、デパート、石油株などが軒並み大暴騰! これでマスクで息苦しい生活も終わりや!と言わんばかりに。
でもですね、みなさん、ちょっと待ってください。この発表ちゃんと最後まで読んだ人います? ニュースでも詳しく報道してる所はゼロ。ただ1人、僕が尊敬して止まない、機関投資会社でバリバリの大活躍されてた元証券マンの広瀬隆雄さん(通称じっちゃま)だけが、鋭い指摘。

“それ、FDAからの発表でもなんでもないよ。どうせ何十人かの結果切り取って喜んでるだけでしょ? FDAが承認するまでは全てノイズですよ”。

なるほど。よくよく読み返してみたらたったコロナを既に発症してる94人の臨床結果を元に90%って言う数字を弾きだしている。(そのうちの半数は3週間の間に2回ワクチン接種を受け、もう半数はプラシーボを受けた。これらの症例のうち、ワクチン接種を受けた側から何人発症したかについては言及していない)。つまりこの結果はごく一部のもので万人に効くかどうかはまだはわからないってこと...

治験者の年齢や症状の度合いも、副作用があったのかどうかもわからないし、ワクチンが本当に効くかどうかこの少ないデータだけで判断出来るとは到底思えない気もしますが...実際にはもっと詳しいデータをFDAに出すわけで、FDAからのコメント待つしかないわけです...でも良いニュースには違いないんだろうけど...


しかし、あのニュースの流し方だと、90%効く!ってのがドーンと耳に入ってきてFDAの最終承認も間違いなし!って早とちりしちゃうのも無理はない。確かにファイザーとバイオンテックのワクチンが今んところ最終承認まで辿り着けそうな候補の中でも最有力だし、11月第三週には承認の申請を提出予定だし、世界中の期待が嫌でも高まっているわけで、フライングしたくなる気持ちは十分わかりますが、期待させられて後で裏切られたら立ち直れそうにないので、僕はこのニュースはちょっと遠くから静観って感じです。(ワクチン承認出ても打つかどうかは?なんですが、みんなの気持ちが次のステージに進めると思うんですよね。いつまでもコロナ感染にビクビクして生きるのにはもううんざり...)。

ただ、こう言う類のニュースで市場が乱高下するのは本当に良くあること。それにしてもすごいタイミングで目眩しのパンチを浴びせてくるなあ〜って感じで、活況に沸く市場を尻目になぜかノックダウン寸前の僕...というのもですね、同時にその裏で何が起こっていたかと言うと、10年債利回りがしれーっと急騰し、ハイテク株が急落!!! コツコツ育ててたズーム株が-17%以上の急降下(でもまだマイナスには全然なってないからセーフ)!!! やられた〜!!! 金も銀もやられてる〜!!!巣篭もり需要で他にもハイグロース株をたくさん買われてた方いっぱいいると思うんですけど、お気持ちお察しします(涙)。大暴騰を装った大暴落!!!“10年債砲” 恐るべし!!!本当、嫌な予感だけは的中する。なんかじわじわ上がってきてたからやばいんじゃないの?って思ってたんですよねー。自分の心の声にもっと耳を傾けないと!

でもですね、こんなことくらいで慌てちゃ駄目なんですよ。人生は所詮ゲーム。結局、本物を見極め、最後まで耐え続けることができた人だけが、がちゃんと報われるようになってるんです。逆にいうと昨日ガーンと下がったハイグロース株、今まで高くて手が出なかったけど、買い増しの大チャンスかもですし。金とか銀も長期では絶対持っといた方が良いと思うんですよね。
それにしても最近の株価のボラティリティの激しさは疲れますね。昨日に限ってはビットコイン大先生が大人しく思えた?!(裏でお金動かしてる人、きっと同じなんでしょうね)。

ワクチン株もグロース株ももう既に仕込み済みですから、本当の意味でのワクチン承認ニュースか四半期の決算発表ニュースが出るまでは、じっと耐えるしかない。


それにしても本当に良い勉強になった1日でした。まあ僕の塩漬け株断トツNo.1のボーイングと株とかは恩恵を受けて爆上げしてたのでトータルでの痛手はそんなでも無かったのでまあ良しとしましょう。

と言うことで、皆さん、から騒ぎは程々に。
FDAがワクチン最終承認出すまでは離陸しちゃダメですよ!(平民がどんちゃん騒ぎしてる間に僕らのなけなしのお金を根こそぎ持っていこうとしてる人たちと僕らは戦っているんです。昨日笑った人もいれば泣いた人もいる。リアルに喰うか喰われるかの世界。舐めてちゃいけません...)

僕の希望的観測ですけどね、近いうちに本当にワクチン承認されて、僕らの華麗なるギャッツビー時代がきっと到来します! だから、これから訪れる波は一生に一度あるかないかのビッグウェーブになるに違いありません!(本当にそう思いたい...)。せっかく今を生きてんだから乗らないって選択肢、ある?! 今、あなたが必死で握りしめてるそのキャッシュ、ただの紙切れになる日が来るかもしれないんだし。今のうちからしっかりエントリーしといて、何が起こっても取り敢えずは生き残れるサバイバル能力と情報収集能力をコツコツ身につけておきたいなと思っています。


みなさん、ええとこだけ切り取って伝えるニュースに振り回されてたらダメですよ!!!




と、ここからは余談ですが...
IMG_9671
写真はちょっと古いですが、週末のマンハッタンのソーホー。ブティックやデパートが立ち並ぶブロードウェイはショーウィンドウにベニヤ板貼ってあってなんかまだ物騒な雰囲気漂ってますが、一本道を入るとこんな感じ。コロナの影響でまだ店の中で食事出来ませんけど、この日は天気も良かったんで人がわんさか外に繰り出してました。この通り、コロナ前より繁盛してんじゃね? ワクチン最終承認されたら気の早いアメリカ人、飲めや歌えやの大騒ぎすんだろな…




にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ