ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

カテゴリ: 温泉

いよいよ城崎温泉の旅ブログもラストのラスト! あれーこんなに書くことあったっけ?ってくらいなかなか書き終われなかったんですがやっとここまで辿り着きました!

和久傳の森を後にして向かったのは兵庫県豊岡市にある “出石(いずし)“。城下町として栄えた町並みが残っていて、町割が碁盤の目になっていることから但馬の小京都と呼ばれている町です。で、なんといっても有名なのが”出石そば“。
ここまで来て出石そば食べて帰らないわけにはいかないので、今日はなんとしてもそばを食します!

IMG_0831
というわけで、星の数ほどある(出石には本当にいっぱい蕎麦屋があるんです! 町には蕎麦屋しかないんじゃないの?ってくらい)中から選んだお店はすでに行列が出来てる! みんな考えることは同じか...このお店、用意した蕎麦が売り切れ次第お店を閉めちゃうそうで...この日はめっちゃ寒い日だったので、みんなが並んでいるうちにもう一つ候補に挙げていたお店を僕が偵察に!


IMG_0833

IMG_0834
この辺を曲がったところにあるはず...

IMG_0858
あった! 官兵衛

IMG_0857
生わさび!


IMG_0837
しかも中を覗いたらお店の玄関のところに待合用の椅子もいくつか置いてあったので速攻で名前を残してと。お店も広いし全然こっちでオッケー!

すぐみんなを呼びに行って、待合席で待つこと15分、すぐに通してくれたのでこっちにして本当に正解!

IMG_0838
わさびは自分ですります。

IMG_0841
FullSizeRender
一人前5皿からスタート!後は自分が気がすむまで蕎麦を追加していきます。よく大食いの番組で100皿とか食べるってのありますけど無理ですね。昔は大食いだったので10代の頃の自分ならいけたかも...笑。

IMG_0845
激ウマ。

IMG_0847
こちらはわさびをもっと辛く感じたい人用の砂糖。砂糖をほんのちょっとさしてわさびをすると辛味が増すんだそうです。

IMG_0848
とろろとか...

IMG_0849
生卵も入れて...

調子の良い時なら20皿くらいはいけますかね。出石のそばも堪能できて今日はもう満足満足。

IMG_0860
せっかくなので町ぶらを。昔の建物が残ってて良い感じです。

IMG_0908
さて、次の目的地、”永楽館“に到着!

IMG_0907
これは去年行われた演目のポスター。藤原紀香さんの旦那さんも出てますね! ということで、永楽館はいまだに現役。


IMG_0864
IMG_0867
昔ながらのスポンサー広告が渋い!で、皆さんお気付きですか? 蕎麦屋さんの広告が一つもない! そうなんです、昔は出石には1軒も蕎麦屋が無かった(というより広告を出せるようなお店は一軒もなかったしうです。本当に数も少なく細々と商いされてたんだそうです。出石がお蕎麦で大人気になったのはつい最近になってからなんだそうです。へー。

IMG_0876
インスタで自撮りしたい方はどうぞご自由に!

IMG_0878
ここは舞台奥の中二階にある控え室兼化粧室。

IMG_0884
この地下の細い道を走って...
IMG_0882
まだまだ走って...

IMG_0901
こっから“バーン!”って出ます。これ花道にあるんですけど...呼び方なんていうか忘れちゃいました...歌舞伎も一回くらい観に行ってみたいですね...

IMG_0902
全然関係ない別の団体様御一行のガイドさん?!実演で “昔はこの細い木の上を売り子さんが走ってたんですよー” って。


IMG_0900
これは五右衛門風呂。さすがに今はもう使ってないそうです。

IMG_0887
貼ってあるポスター渋い!


IMG_0913
永楽館渋かったなー。歌舞伎観るならここが良いなあ。


FullSizeRender
さて、今日最後はここ! お酒買って帰ります!

IMG_0934
IMG_0938
IMG_0936
楽々鶴と書いて“ささづる”と読みます。

IMG_0939
IMG_0945
出石なかなか良かったです!


やっぱり日本は良いですね、温泉浸かって美味しいもん食べて地酒を飲んで...良いとこいっぱいあって...本当日本人で良かったなと思います。


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

城崎温泉の旅綴ってきましたがいよいよ最終章!この日も盛りだくさんだったので2回に分けて書きたいと思います。

IMG_0746
あーなんで温泉旅館の朝食ってこんなに美味しんやろ...ってもう食べる前から美味しい気分...
城崎は外湯が基本なので朝の旅館のお風呂はガラガラというか貸し切り!でした。れっきとした温泉やし昨日より全然ゆっくり浸かれてやっと疲れが取れた感じです(笑)。

IMG_0748
手作りの出来たて豆腐!

IMG_0749
IMG_0747
朝食の味噌汁にまでカニ君🦀が! 何気にこれが一番美味しいカニ料理だったかも!(笑)。

FullSizeRender
温泉卵ご飯で締め!


IMG_0753
”城崎にて“ はもう読んだので書いません...

IMG_0754
“城崎裁判”は読んでないなあ。今度読も。


さて次はいずこへ? これを観に行きます。
FullSizeRender

京都の高級料亭の和久傳が数年前に建てた “和久傳の森”。京都北部の丹波地方にあります。
IMG_0756
IMG_0758
IMG_0760
まずは和久傳の工場見学。
美術館やカフェ、お土産屋さんがあるのは隣の敷地にある別館です。

FullSizeRender
日本が誇る建築家の安藤忠雄と画家の安野光雅の最強コラボ! 贅沢すぎる...

IMG_0774
IMG_0785
FullSizeRender
さすが、世界の安藤。渋いです。中は撮影禁止なのでご紹介できませんが安野さんの作品は夢と遊び心満載の本当に素敵な世界でした。近郊にお住まいの方は必見ですよ。

FullSizeRender
さて、お昼ご飯!といきたいところですが、お蕎麦を食べに行く予定にしてるので今回はお茶だけ...

IMG_0788
IMG_0791
おしゃれ...

IMG_0810
FullSizeRender
IMG_0795
この日ははちょっと冷え込んでたので暖炉ちょー嬉しい!

IMG_0805
さっき安野光雅館でいただいた桑の葉茶。ここでも売ってます。すごい得した感。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
こんなに頼んじゃって。これからお蕎麦ですよ!(笑)。週末お茶しにくるの🍵最高かも。


IMG_0821
なんでアイボ? お仕事前に充電中...


FullSizeRender
IMG_0822
お餅も買って帰らずにはいられない...

IMG_0823
食事もちょー美味しそう!

IMG_0824
ここは本当に良かったです! また来たい!


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

城崎温泉といえばカニ! 今回は(城崎に)カニー食べ行こう〜です。

...
FullSizeRender
IMG_0632
パーフェクトな生ビール🍺!

IMG_0631
温泉の料理ってなんでこんなに美味しいんでしょう!

IMG_0638


FullSizeRender
説明はいりませんね。ふんだんにカニ使われてますがまだまだいけます!

FullSizeRender
じゃーん! エンジンかかって来た!

FullSizeRender
カニ食べるのに必死でみんな無口...笑。

IMG_0654
お肉も食べれます。

IMG_0655

IMG_0657
但馬牛のいろんな部位の食べ比べ。美味。

IMG_0662
地ビールも。


IMG_0665
締めにカニ雑炊、じゃなくてカニの具足煮。勝手にご飯入れて雑炊に...

FullSizeRender
もうしばらくカニはええわってくらいたらふくカニをいただきました!

IMG_0671
デザートも美味しかったです。

さて、寝るにはまだ早いので夜の城崎を散歩です。
FullSizeRender
多分一番人気の“一の湯”。

FullSizeRender
夜の方が外湯めぐりを楽しむ人達で賑わってます。僕らが行った頃はまだ桜咲いてませんでしたが、桜咲く今頃はごった返して凄いことになってることでしょう...

FullSizeRender
IMG_0691
足湯もあったので、これにはちょっと浸かろうかね。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
夜の方が情緒があって良いですね。

FullSizeRender
IMG_0710
おはぎ後二個で売り切れ! 欲しいけどもう食えん...


IMG_0709
良い感じ。射的でもやってくか。

IMG_0711
IMG_0713
IMG_0720
IMG_0721
完全に下に落ちないとノーカウントなんですが、店のおばちゃんいくつかおまけしてくれて...
IMG_0722
景品ゲッツ!

ということで、城崎の夜もふけてきたととろでこの続きは次のブログで...


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今はもうニューヨークに帰ってきてますが、日本での旅ブログを今一生懸命書いてます。ということで、今回は城崎温泉の旅その2です。

いよいよ城崎温泉!なんですが、ここの1番の特徴は “外湯めぐり” 。この温泉街に固まってる7つの外湯を浴衣で巡るのが一種の決まりになってまして、温泉なんだけど大浴場の銭湯をはしごする感じですね。曜日によってしまってる所もあるので事前にチェックが必要。

で、宿のチェックインする前に街ブラです。

IMG_0556
IMG_0557
今回泊まる宿からすぐ近くなのでここぐらいは行こうかと...さすがに7つ全部回る気は毛頭ないです...笑。ちなみにここは御所の湯。


IMG_0560
お店がいっぱいありそう、というかAちゃんお目当のプリンがここのどっかにあるようなので...

IMG_0562
IMG_0563
IMG_0564
温泉街にエステ。


IMG_0573
蟹せんべい🦀はお土産用に。

IMG_0572
結構若い人が多いです。

IMG_0575
見事に再建して大臣賞もらってるそうです。


IMG_0578
ここがそのプリン屋さん。若い子で行列できてましたが、何とか潜入に成功。

IMG_0580
IMG_0579
プリン美味しかったですよ。チェックインまでの良い時間潰しになりました!(笑)。


IMG_0584

さていよいよ今回泊まるお宿、“三木屋”。志賀直哉ゆかりのお宿で、“城の崎にて” もここで書かれたんだそうです。志賀直哉さんはもちろん知ってましたが城崎にては読んだことがなかったので、今回はちゃんと予習して行こうと城崎にて、読んだんですが...この短編読んで温泉行こう!って気になる内容ではなかったのでちょい失敗...笑。
IMG_0585
IMG_0550
IMG_0552
IMG_0554
FullSizeRender
IMG_0594
ここで浴衣を選びます。宿によって色々個性があるのでこれも若い人に人気の秘密なのかと。

IMG_0558
下駄に履きなれてないもんで本当にここに辿り着くのが精一杯...7つの温泉制覇したい人は便所下駄スタイル?!の方を履くことをお勧めします !。

で、中は人人人。本当に温泉というより銭湯って言った方がしっくり来ますね、こんなに人が多いと。それでもまあ存分に温泉を満喫して上がったら脱衣所に人だかりが。救急隊員の人がぞろぞろ入ってきて...高校生らしき男子がのぼせて倒れてしまったらしく...幸い大事には至らなかったようですが...

IMG_0608
この騒ぎで表には中に入れず立ち往生してる人の人だかり...みなさん、くれぐれも浸かり過ぎには気をつけましょう!


IMG_0609
さて、宿に戻ってきて一息。
IMG_0620
何でこんなにちっちゃいの?

IMG_0618
IMG_0734
IMG_0736
コーヒー飲み放題! このおぼん良いねえ。



IMG_0613
IMG_0612
IMG_0624

で、この後お待ちかねの食事なんですがそこまで行きつかず...続きは次のブログで!


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

海外生活が長く、たまに日本に帰ったら行きたいなーって思うところといえば温泉!ですよね。日本に帰ったら温泉温泉温泉ってもう呪文のように頭の中ぐるぐるしちゃうんですが、なんせ温泉ってのはお金がかかる。なんとか低予算で近場で...と必死で探して浮かび上がってきたのが城崎温泉! 最近見事に再建復興されて今では若者に大人気の温泉スポットになってるということで今回は城崎で決まりです。

“車で2時間ちょっとだから全然大丈夫。“

という80過ぎでも現役バリバリのAちゃんのお父さんに運転お願いして今回もAちゃんのお母さんと一緒で4人旅です。

で、そのまえに立ち寄ったのが カバンの町、兵庫県 豊岡にある ”玄武洞“。ショップはちょっと覗いてミュージアムは後で寄ろうかと思います。まだできたばっかりみたいで真新しい感じです。見に来ている人達に結構若い人達が多いのでびっくり。

IMG_0456
IMG_0459
IMG_0462
中尾彬さん推薦のお酒か…美味しいんでしょう、きっと。

IMG_0464
玄さんもち、その場で焼いてくれるっていうので...

IMG_0465
いただきます! 激ウマ!


さて、主役の玄武洞、ゆっくり歩いてみて回っても1時間もあれば十分ということで、ランチする前にまわっちゃおうということで早速出発!
IMG_0469
玄武洞の名前の由来は中国の幼獣”玄武“で、この不思議な形状を作り出す6角柱の石の断片が亀の甲羅みたいに見えるというところから来てるそうです。

IMG_0471
IMG_0475
自然にできたとは思えない!絶景!というか絶形!


IMG_0477
なんか鳴いてるなーと思ったらカエル。どこにいるかわかります?

IMG_0483
IMG_0481
IMG_0487
IMG_0488
IMG_0470

実は、そんなに期待してなかった(笑)んですが、これは一見の価値あり! 本当にすごい大自然アートでした。



IMG_0493
これも石?どうみてもこれ木の切り株でしょ!

FullSizeRender
丁度お腹も空いてきたのでここでランチです。

FullSizeRender
僕はカレー🍛を注文。
FullSizeRender
Aちゃんのお父さん、お母さんはおうどん。これも美味しそう。

FullSizeRender
但馬牛をふんだんに使ったハンバーグ。ちょいとおすそ分けしてもらって僕のカレーが最強に!(笑)。


さて、ランチの後はミュージアム鑑賞。
IMG_0506
これいる? 確かに遠目で見ると肉に見えなくもないけど...

IMG_0508
マンモスもいたの?


IMG_0511
磁石の石。

IMG_0512
本当、不思議な石がいっぱい。ここ、もしかして日本有数のパワースポットなのでは?


IMG_0524
うんが作って言われれば、触るしかないでしょう! 玄武洞ミュージアムやっぱりノリがコテコテ。



IMG_0528
顕微鏡で見た星の石。


IMG_0533
木琴じゃなくて、石琴。この音癒される〜。


IMG_0539
ビフォー

IMG_0538
アフター。凄いでしょ。蛍光に光る石。

IMG_0545
IMG_0546
IMG_0547

さていよいよ城崎温泉へ! ここから車ですぐです。

ではこの続きは次のブログで!



ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
温泉旅行2日目の続きです。雪の白川郷たっぷり楽しんだ後はゆっくり温泉につかります! ということでこの日泊まったのは、岐阜県高山市の旅館、”花扇別邸いいやま” です。

IMG_5664
 IMG_5667

IMG_5669
IMG_5671
まずは囲炉裏の前で暖をとって...

IMG_5676
抹茶とお茶菓子を。

IMG_5679
これ本物?

IMG_5685
今回のお部屋は広いです。この横にも部屋があってその奥に内風呂&トイレが二つずつに露天風呂!

IMG_5686
ここ多分使うことないですね...自分で入れるより露天風呂に行った方が早い。

IMG_5690
IMG_5692
いい感じです!

IMG_5706
はい、では早速夕食を!このために来てるようなもんですから! そして飛騨高山といえば!肉!美味しいお肉です! A5だかなんだか知りませんが、普段食べることない日本の極上のお肉いただきます!

IMG_5697
IMG_5707
前菜も素敵です。

IMG_5710
IMG_5715

飛騨牛握り!これもっと欲しい!もう溶けて無くなっちゃいました。

IMG_5713
IMG_5712
ビールもうまし。

IMG_5719

IMG_5721
ここで本当ならローストビーフなんですが、あんまりにも飛騨牛攻めで後半バテてもいけないので、あえてお刺身に変えていただきました(旅館の方のアドバイスです。正解。)

IMG_5723
飛騨牛の柔らか煮。

IMG_5725
お酒も。

IMG_5727
次から次に料理が出てくる! 主役が出てくるまで持つのか?

IMG_5729
美味しい...

IMG_5730
じゃーん! 待ってました! 主役の飛騨牛ステーキ!

IMG_5735
写真の量多すぎですか?

IMG_5736
うますぎ! でもここでお母さんAちゃんがまさかの爆弾発言!

”さしが入り過ぎてて私には脂がのりすぎてる..."

”ガーン”

地元の神戸牛で完全に舌が肥え切ってしまってるんでしょうねー。凡人の僕には理解不能...
天下の飛騨牛も神戸人には歯が立たず...無念!笑。

ということで、

お母さんからさらに何切れかおこぼれをいただいた僕は飛騨牛ステーキを大満喫!ラッキー!


IMG_5740
ちょっと休憩...

IMG_5741
さらにしゃぶしゃぶ!

IMG_5750
このレベルのお肉はニューヨークじゃ食べれません!日本のお肉はやっぱり世界一!

IMG_5752
燃え尽きました...

IMG_5754
お父さん、お母さんのお祝いに頂いたお箸。湯のみとかぶることもなく素敵なお箸だったので良かったですね!

IMG_5756

 この後、温泉も堪能して...

IMG_5763
朝食がまたまた豪華!

IMG_5764
IMG_5765
お豆腐の朴葉焼き。激ウマ。

IMG_5766
味噌汁がまた美味しい! 絶対味噌買って帰ろう!

IMG_5767
IMG_5768
茶碗蒸しも具沢山で懐かしい味。

IMG_5769
これは持って帰ります。

IMG_5771
ゼザートも小洒落た感じ。本当に美味しい! 凄腕シェフですね。

IMG_5773

IMG_5780
締めに珈琲までいただいて。

IMG_5788

IMG_5791
いやー本当に良い旅館でした! ゆっくり温泉にもつかれたし極上飛騨牛も堪能したし。お土産にいただいたお腹のお肉が重い...体感だとこの短期間ですでに+3キロオーバー?!ですな。笑。


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村
 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去年の年末、楽しみにしていた温泉旅行、神戸から石川県の金沢まで車で行っておでんを食べた後、ちょっと市内観光した後いよいよ温泉です!

IMG_5296
IMG_5298
ここは昔のお薬屋さん。
IMG_5303
IMG_5306
IMG_5310
IMG_5313
これ、ただの花飾りじゃないんですよ! 工芸菓子なんです!(金沢市老舗記念館、花御輿) 

IMG_5315
IMG_5318
IMG_5330
IMG_5327
雪から建物を守るために付けられる”薦掛け”。冬の風物詩なんだそうです。

IMG_5335

IMG_5340
IMG_5346
IMG_5358
良い感じの階段坂でしょ? 主計町へ通じる趣のある小路として有名な”暗がり坂”と”あかり坂”。こちらはあかり坂の方です。

IMG_5376
IMG_5377
IMG_5382
IMG_5405
IMG_5424
IMG_5434
IMG_5428

IMG_5408

古都金沢の風情ある東茶屋街東茶屋街も堪能しました! 多分レンタルなんでしょうか〜。若い子たちが着物着て歩いているのもちらほら見かけて。こういう楽しみ方もあって良いなあ〜。

さて、待ちに待った温泉です!
初日に泊まったのは辰口温泉の”まつさき”。明治時代を代表する小説家、泉鏡花さんゆかりのお宿だそうで、”海の鳴る時”は当時のこの旅館が舞台になってるんだそうです。

IMG_5451
おーこたつ! なんか凄い嬉しい!

IMG_5453
IMG_5456
まずはお茶とお茶菓子をいただいて...

IMG_5515
部屋についてるミニ露店風呂もチェック!

IMG_5462
温泉もじっくり楽しんだ後は旅館の豪華なお食事! 初日はお魚が美味しいだろうということで、海鮮コース! 前菜だけでお腹いっぱいになりそう。
IMG_5463
IMG_5464
Aちゃんのお父さんの傘寿と快気祝い、お母さんの喜寿、そして結婚50周年まとめて全部のお祝いです!!!
IMG_5468

IMG_5469
IMG_5471
IMG_5472
IMG_5476
IMG_5478
刺身をたらふく食った後にのどぐろの塩焼き。このサイズののどくろニューヨークで食ったらいくらかかるんやろ?なんて考えてしまいます...それにしてもデカイ!
IMG_5480
IMG_5486
かに!

IMG_5482
IMG_5484
かに釜めしも仕込み中。

IMG_5489
IMG_5496



IMG_5497
いやーごちそうさまでした! もちろん食べきれなかった鯛めしは詰めてもらって持って帰ります!


IMG_5500
IMG_5501
お祝いで旅館からいただいた湯のみ。結構使い勝手も良さそうだし絵も可愛い。


こちらは朝食。
IMG_5507

IMG_5510
もうこの団子汁最高!

IMG_5508
日干しのお魚も美味い!(写真が逆ですよねー何故か何回修正を試みても逆になってくれず...リアルな映像をお楽しみください!笑。)


IMG_5513
なにこれ?うに? 卵の黄身がオレンジ! 卵がけご飯うますぎ。朝からもうお腹いっぱい...


IMG_5518
IMG_5520


IMG_5527
ここの自慢は泉鏡花もきっと気に入ってたに違いない庭園。


IMG_5530
足湯あったのね...

ということで、初日の温泉まつさき、お魚好きな人、庭園好きな人にはたまらない旅館でした!


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村
  



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ