ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

カテゴリ:イギリス情報 > 歯医者

最近、会社の近くの歯医者に通い始めて今日で3回目。歯ぐきの腫れも引いて今日は詰め物(フィリングって言います)が悪くなってるので付け替えてもらいました。

"NHSでシルバーで£50のかプライベートで歯と同じ色で£120かどちらにします?"

と聞かれ、ちょっと迷ってでもせっかくなのでケチらず高い方を選択。

歯茎に麻酔打たれて待ってる間、ミニ撮影会を始め...このターミネーターみたいなサングラスを治療中にかけさせられます。アメリカではこんなの掛けなかったのでびっくり。この歯医者さんだけかな? 






それにしても歯医者さんって、日本でもアメリカでもイギリスでもそんなに変わんないなーと思いません?  やっぱ違うのはサングラスかけるかかけないかだけか...いや、僕が知らないだけで日本でも掛けるのかな?サングラス...

今日の治療も無事に終わり、矯正の話もチラリと。まだ歯茎の状態が万全では無いのでもっと綺麗にしてからといわれ...まだまだ先は長そうです...ちなみにもし矯正するならトータルパッケージで£3500(56万円)と言われ...アメリカよりはかなり安いなと...日本だったらいくらかかるんでしょうか? この値段を安いと取るか、高いと取るかはあなた次第です。

受付で支払いしようとしたらさっき治療してくれたS先生が来て、

"思ったより治療の範囲が狭かったから£90で良いわ"

と、まさかの減額請求!!! (きっとオマケしてくれたんですね!ありがとうございます! しっかり頑張って歯磨きします先生!)

関連記事:




暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください!        


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ここ数年、行こう行こうと思いながらついつい後回しにしていたことがありまして。それは歯のメンテナンスです。知らないうちにストレス&疲れが溜まってたんでしょうねー。先週急に歯ぐきが腫れてきて "これはやばい" と思いながら歯磨きだけはしっかりしてたんですが、痛みは治るどころかひどくなるばかりで。昼休憩の時に仕事場から多分一番近い歯医者の看板が目に止まって緊急で駆け込み!(多分絶対診てもらえないのはわかってたんですが藁をも掴む気持ちっていうんですか...もう痛くて仕事に集中できないくらいだったので...)

受付で、

"歯ぐきが腫れて痛いんです。"すぐみてもらえませんか?"

って言ったら、

今日はもう予約でいっぱいですねー。来週の月曜に来てください。"

って言われ、とりあえず予約を入れて、すぐ近くにあった薬局でペインキラーのジェル(痛み止めの塗り薬)を購入。


薬局のお姉さんに、

"これはあくまで歯医者に行くまで痛みを緩和するだけのもにだから、ちゃんと歯医者行かなきゃ駄目よ。"

と釘を刺され、

"僕もすぐ診てみらいたかったんだけどねー。月曜に予約たった今入れたとこなんです。"

って返答したら、

"ぐー(good)"

って何が良いんだか...

で、早速患部に塗ってみたところ、なかなかの即効力! ちょっともしかして麻酔薬も入ってんの?って感じでかすかに感覚が鈍るというか痺れる感じで。嘘のように痛みが引いて、午後のお仕事はなんとかこなすことができました。

そして今日、月曜日がイギリスの歯医者さん初日です!

時間通り来てね、って言われてたので、12時きっかりに到着。すぐに診察室に入って、歯ぐきが腫れてますって言ったら、すぐにレントゲンを撮ってくれて、その後、歯と歯ぐきの状態チェック。

すぐにレントゲンも上がってきて、思った通り歯と歯ぐきの状態はお世辞にも良いとは言え無いと言われ....歯ぐき腫れてんだから当たり前か...

でも、今日の歯医者さんは結構前向きで、

"まずは歯ぐきの状態を良くする努力して、そこがクリアできたら思い切って矯正した方が良いんじゃ無い?興味ありますか?"

って言ってくれて。アメリカにいた時に通ってた歯医者さんからは、

"君の場合、矯正しようと思ったら2年はかかるね。"

って言われてたんですが、今日の歯医者さんからは

"6-9ヶ月でできるわよ。"

って言われて、

"矯正したいです!"

と即答!

さあ、じゃあまずは歯石でも取ってもらいますか!と思ったら今日はここでおしまい。えー! まだ何も始まってませんよー! でも、抗生物質はすぐ出してもらって、ハイジーニスト(歯科衛生士)さんの予約すぐ取りましょうねって。
それにしてもイギリスのお医者さんは刻んできますねー。予約予約予約。予約ばっかりでなかなか辿り着かない感じっていうんですか。日本だったら絶対この後歯石取ってくれますよねー笑。

でも、レントゲンも撮ってくれて薬も出してくれて、歯の状態チェックもしてみらったにに、たったの£20!(NHSでも歯医者はお金を払わないといけないって聞いてたのでもっと払わないといけないにかと思ってました。ちなみにアメリカだったら保険が利いても$200-300は取られてたと思います。)

で、またすぐ近くの薬局で薬をピックアップして今日のイギリスの歯医者さん初日は終了です。(で、抗生物質は£8くらいでした。)

前の歯医者さんにはいっつも怒られてて行くのが億劫だったので、ここの歯医者さんなら頑張って通院出来そうです!

みなさん、歯は大事ですよ!僕のように悲惨なことになる前に しっかり歯磨きして健康な歯&歯ぐき保ちましょうね〜!

余談ですがこの時期、友達のFBを見てると世にも見事な桜の写真で埋め尽くされてて...前のブログで近所に咲いてた桜の写真のせたら"あれ桜?"ってコメントいただき、内心かなりショック...笑。日本の桜にはかなわないのはわかってるんですが、ロンドンの片隅に咲いてる桜もこれはこれで味があって良いような気がしませんか? 哀愁が漂ってるというか...

ということで、ロンドン桜、至極の一枚。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください!        





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ