ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

カテゴリ:イギリス英語 > スモールトーク

いやー先日のW杯の日本VSポーランドの試合、スッキリしない終わり方でしたね。でもね、一番スッキリしてないのは選手のみなさんだと思います。その鬱憤を思いっきり次の試合で晴らしてください! 次勝ったら良いんです!今回のチーム、上手いこと歯車が噛み合ったらもしかしたらもしかしちゃうんじゃ無いのって期待させられてしまうチームですよね。守備も一生懸命食らいついて連携も取れてるし、センスはあの中田選手以上(3試合しか観て無いですけど...)な柴崎選手がいるからどのパターンでもいける感じがする。で、できれば修羅場を潜って来てる香川、本田、岡崎選手あたりが決めて欲しい。

って本当は次にイングランドとの試合を想定していた僕はまたまたはぐらかされて...あっなるほど、次の次に来そうなブラジルさんが嫌だったんですね...ということは決勝に勝ち進まない限り日本とイングランドの試合が観れないのか...もうこうなったら決勝まで勝ち進みましょう!

と、イングランドイングランドって考えてたらロンドンに住んでた時の事思い出しちゃってですね...あっそういえば最近聞いてなかったな...99% Invisible...ロンドンに住んでた時、面白いよって同僚に教えてもらって、その次に働いてたところでもずっと流れてて、興味のある話の時なんか聞き入っちゃってですね、手が止まっちゃって作業効率に支障が... 笑。

で、久しぶりに仕事中聞いてたんですけど、やっぱり面白かったですね。最初の話し手の女性のお父さん(アメリカ人)が、イギリスのとある場所で散策中にある超有名人のgamekeeper(私有猟場の管理をする人)に出くわして...ってところから話しが始まるんですけどね、その有名人は何とあのマドンナ! いきなり結論から言っちゃうとですね、そのお父さん、マドンナの所有地にズカズカ入ってって散策してたって事なんです。みなさん知ってました?イギリスでは私有地、プライベートエリアでも一般人が勝手に散歩して良いっていう決まりがあるんだそうです!マドンナさんみたいな超有名人の私有地であってもです!  もちろん全部じゃ無いですけどね。本当アメリカでおんなじ事やったら銃で撃たれちゃいますからね。この ”Right to Roam” (うろつく権利?!うろつくって言うと物騒に聞こえますね、放浪する権利です。あんまり変わんないか。笑。)
とにかくですね、1930年代にですね、自分達のことをRambler(散策する人)と自称する人達がちょっとしたムーブメントを起こしてですね、国や権力者によって土地を根こそぎ奪われて自然と戯れる場所すらない!って不満分子が増殖。自然の中を散策する権利を取り戻そう!って事で世論も一気に高まり、結局この権利が認められちゃったって事なんだそうです。この決まり、イギリスに住んでたことあったけど全然知らなかったので、かなりびっくり。あっでもスコットランドに旅行した時とか、知らないうちに誰かさんの私有地を散策してたって事は十分ありですね、きっと。で、その名残りで“bothy “と呼ばれる、鍵が掛かってなくて、通りかかった人は誰でも使って良い無料の小屋が今でも田舎に行くといくつも残ってるそうで、本とか置いてあったり、本当に困った時はそこで勝手に夜を明かしても良いんだそうです。お水は無いそうですけど。なんかこういう平和な風習、いつまでも残ってって欲しいなーと。

英語がわかる人限定で申し訳ありません(でも、このポッドキャスト、英語の勉強には持ってこいかも!bothyって言葉知らなくて辞書引きました!笑)が、お暇な時にでも聞いてみて下さい。おもしろいですよ。

Podcastsで 99% Invisible って入れてみてください。


ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まあ長いこと生きてりゃいろいろあります。仕事でもプライベートでも。ブログを書く元気がわかない...なんて時もたまにはあるわけでして...それでも頑張って書くぞ!って昨日一生懸命書いて良し投稿!ってボタン押したらコンピューターがフリーズ! 何が何でもまた一から書きたくなかったので必死の抵抗を試みましたが、次の日までほっといても奇跡の生還ならず...上手くいかないときはとことんうまくいかん...

じゃあこんな時はどうしたら良いんでしょう?

 そういう時は物の見方をちょっと変えてみて、良いことに焦点をあてよう!って言われたので...じゃあ最近あった良いことのお話でもしようかと...あれっすでに昨日書いてたことと書き出しが全然違ってきてる!まあ良いか、もうこの流れでいきますね...

では早速そのお話を。その日は月曜日で天気も悪く、こんな日はなんか買って帰って家で食べたいなーって日だったんです。でもブルックリンの月曜日はお休みのお店が多いんですよねー。月曜日に限ってなんか買って帰って家でさっと済ませたいって日と重なっちゃうんです。ちょうど冬季オリンピックもやってもやってますしね。まあこういう時は夕食はさっと済ませて家でゆっくりしたい...で、こういう時のチョイスはかなり限られてまして。で、結局落ち着いちゃうのがこのお店。

Wilma Jean


今住んでるアパートから一番近いお店は月曜日はお休みなんで、その次に近いお店がここで、フライドチキンが売りのお店でさっと夕食済ますにはもってこい。しかもKFCより全然美味しんです!(近所にあったら行っちゃうかもですが...笑)



IMG_8069
ミニハッシュドポテトにもできますが、僕は普通のフレンチフライが好きです。で、結構濃いめのシーズニングがかかってくるので、ポテトは ”ノーシーズニングプリーズ” で。

IMG_8970
こっちが定番のフライドチキン3種のデラックス。サラダとポテトがついて来ます。


で、この日もお決まりのを注文したら、”30分はかかりますけど良いですか?”
って言われてしまい渋々了承...

”じゃあ先に支払いを..."

って言ったら、

”注文ができてからで良いですよ!”

って言われてしまい...結局45分ほど待たされて...カウンター越しにキッチンに向けて熱い視線を送り続けていたのを感じ取ったんでしょうか、ウエイトレスさん僕のところまで一目散でやって来て、

”センキューフォーウェイティング!”

って爽やかに僕に袋を手渡して "バーイ” って感じでいっちゃって...

お腹が空いてた僕は一目散でそれを持ち帰り、早速いただきまーす!

あれっなんか忘れてね?

あっ

何かに気付いた僕、早速お店に電話。

でも、何度かけても誰も応答なし...

そうなんです。お金払うの忘れて来ちゃったんですよ!(お金払ってないんだから引き止めてよ!笑。)

で、この後に及んですぐにお店に戻りたくない僕、電話でカード決済を試みるもあえなく失敗。仕方ない。お店に戻って払ってくるか。

と、食べ始めたフライドチキンはきっちり完食し、お店が閉まるギリギリに出戻り。

”あのーさっきテイクアウト注文してお金払い忘れたんですけど..."

って、ウエイトレスさんにいったらキョトンとされて、

”あら、そうっだったの? で、わざわざ払いに戻って来てくれたの? あなた正直者ね!“

ってやけに感心されてしまい、

挙げ句の果てに、そのウエイトレスさん、何を血迷ったのか、

”じゃあ正直者のあなたの支払い、30%引きにしてあげる!8ドルね!!!”

って...ごめんなさい...すぐに戻って支払いに来るのめんどくさがって...また来ますんでこれからもよろしく!

ということで、良い腹ごなしにもなったし(あんまりなってない)、おまけに正直者って褒められて、8ドルもおまけしてもらっちゃって。こっちこそなんかありがとうございました!って感じでして...

ということで、ズボラで間抜けでも正直に生きてたらたまには良いこともあるよってお話でした...まあ最近良かったことがこれだけってのもすごいといえばすごいんですけどね...あーいかんいかん。ポジティブポジティブ!!!




ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

みなさん、

ご無沙汰してます。最近忙し過ぎてブログを書く気力が無い💪、というより、あまりにも日々の生活でブログに書きたくなるような出来事が起こらない、そう、"風呂に入って寝るだーけ〜" な生活なので書きたくても書けないんです!(わかります? ユニコーンの働く男ですよ〜。若い人は知らんよね〜(ていうか、そもそも僕のブログ読んでくれてる人に若い人はいるんでしょうか?笑)

とにかく、今日も必要人数を大幅に下回るメンバーでクライアントさんとのギリギリの攻防が続く中、攻撃の手を一向に緩めようとしないクライアントさんからの要求に対しH君が一言、

"もう、KISS してあげるしかないね!"

"えっキス???"

"あー知らないの? Keep It Simple Stu..dだよ。ハハハ。"

"なるほどーこういう時に使えば良いのか! 良い英語の勉強になりました!"

結構名言じゃん、とやけにそのKISSが脳裏に焼き付いてしまい...そうやね、僕らの仕事は難しく考えたらどツボやしね、こだわり過ぎたらしんどいもんねー。クライアントさんがオッケー!って言ってくれるまでシンプルに打ち返していくしか無いってことかなー。最後のStu..dがやけに今のシュチュエーションにバッチリはまってもう笑うしか無いってとこもツボでした。H君に座布団持って来て!

ちなみにその後、全然話しが変わって結婚とは?みたいな話になってMさんが一言、

"結婚とはフィッシュアンドチップスを毎日食べる事である"

と言い放ち、特にイギリス出身のH君に激しく同意を求めてました(笑)

"流石に毎日は嫌だけど...ちょっと違うと思うけどなぁ〜"と、苦笑いのH君。

Mさんの例え、どう思います???笑。

そうですね〜日本人としてはですね、お寿司だったら毎日でも良いけどな〜(ここは僕の独り言...)ってとこですかね〜。

という事で、今日の名言は綺麗にまとまったH君の "KISS" に決定!




 
あれっフィッシュアンドチップスの方が脳裏に焼きついちゃった!笑



ランキングに参加しています。暇つぶしになったら下のボタンを1クリックしてください!   

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ

にほんブログ村





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日、仕事中にAさんが、

"フリーでラップトップもらえたのに次にアップグレードするときは£200足さないといけないらしいの..."

みたいなこといってて。ディスレクシア(読書障害)だから国から補助が出るらしく。で、A君が、

"良いなあ、俺もラップトップ欲しい..."

って言い出して話題はDyslexia一色に。

とにかく脳になんの問題もないのにその伝達の仕方が他の人と違ってて、学習するときに障害になるらしく...例えば読むのが凄い遅いとか、7とsevenが同じものと認識できないとか、読めても書けないとか、字を鏡文字で書いちゃうとか...症状はいろいろなんだそうです。

あれっそう言えば僕も昔、字を鏡文字で書いてた記憶が...実は元々左利きだったんですけど、親に矯正されて今はペンは右で持ってます。(いまだにハサミ使うときとかボール投げる時は左手使うんですけどね...)。

で、ずっと左利きだったから鏡文字書いてたのかな、と勝手に自分で解釈してたんですが、イギリスとかアメリカではもしかして一種の障害として扱われ、ただでコンピューターをもらえたんじゃないか?と笑。でも小さい時にはよくあることなんだそうで、ほとんどの人は小学生に上がる頃には修正出来るので問題無いらしく、大きくなっても治せないなら読書障害の可能性を疑った方が良いそうで。有名人でもディスレクシアの人は結構多く、レオナルドダビンチにスピルバーグにキーラナイトレイ等々。なんか一芸に秀でた人が多いような...

でも日本人で大人になっても薔薇って読めても書けない人多いでしょ?イギリスやアメリカでは読めても書けなかったら問題になるわけで...でもやっぱり日本人が漢字書けないのとはちょっと違う気がしますが...ただの学習不足なのか一種の障害なのか、どれくらい読むのが遅いと障害なのか、線引きが難しそう。

僕の場合、心配して左利きの僕を右利きにしつけ直したのは社会にちゃんと適応出来るようにって親心だったのかなーと。
そもそも元は左利きだってことと鏡文字を書いていたってことに関連があったのかどうかさえも今となっては不明だし...

いや、これはもしかして利き手をスイッチすることによってたまたま障害を克服することができたレアーなケースなのかも? 真相は謎のままですが...いかん、だんだん気になってきた... 思考が迷宮に...

とにかく、今頃になって"えっもしかして僕、ディスレクシアだったのかも?。と、思わぬところからの根拠の無いカミングアウト?!でした。

でも、機会があるなら診察受けてみたいな...あっ駄目だ、左手で鏡文字書こうとしても今はもう書けない...既に脳の中で修正されてる...すみません。お騒がせしました。

ところで、Aさんにただでラップトップをもらってしまうのはちょっと行き過ぎなのでは?と投げかけてしまったA君、最後は逆ギレされてタジタジ。全く問題なくコミュニケーション取れるのに伝達障害。確かに誤解されやすい障害ですよね。Aさん、A君に変わって僕が謝ります。ごめんなさい...


今日はゴーヤチャンプルー丼。

げっ何これ?いっつもこんなにお店出てないのに凄いお店が並んでる!(ちなみにここスパイタルフィールズマーケットの真横です)  知ってたらこっちも試してみたかったぞ!来週もやってますか?



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イギリスで働いてる皆さん、学生の皆さん、今日は4連休明けで心も体も重く、しんどい1日でしたねー。休み明けってのは本当に辛い。特に今年の連休は天気があまり良く無かったので、みんななんか冴えない顔してました。

F君が "週末何してたの?" って聞いてきたので 
"天気が良かった金曜日にロンドンズーに行ったよー" 

って話しして大トカゲがニワトリ丸呑みしてたりハイエナが牛の足に集ってたりして結構エグいから結構びっくりしたって話ししたら、

"僕はああいうのが結構好きなんだけどねー。日本の動物園は違うの?"

って言うんで、

"日本ではニワトリ丸呑みショーなんて見せないよ。とりあえず羽は剥がして肉もカットしてると思う。万が一丸ごとあげるにしても客の前では見せないと思うんだけど..."

って言ったらF君、妙に納得したような面持ちで、

"日本人は何でも綺麗に可愛いいとこだけ見せて醜いとこは見せないようなとこあるよねー"と続け、

"ヘリコプターペアレントの子供にあんな残虐な食事シーン見せたら大問題になるかもねー"って。

"ヘリコプターペアレント?" って首傾げてたら、

"ヘリコプター操縦するみたいに子供を過保護に育てる親のことだよ。日本じゃ何て言うの?" って聞くので、すかさず、

"日本ではモンスターペアレントって言うんだよ" って答えたら物知りのF君、

"他にも中国とかアジアでは"タイガーママ(Tiger Mom)って言うんだよ。ヘリコプターにモンスターにタイガーか。どれも良いねえ。と感嘆しきり。

それにしてもどこの国に行っても呼び方は違えど似たような親っているもんなんですねー。小さいお子さんをお持ちのみなさん!ヘリコプターxxとかモンスターxxとかタイガーxxって陰口叩かれないように気をつけましょうねー。笑



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください!          
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日はジムジャームッシュフィーバーで、今日は本当のフィーバー(微熱です...) で、朝から喉も痛いです。ロンドン来てから初風邪です。こじらせないようにしっかり休養取らないといけないのに、ロンドン時間の深夜から女子のW杯の準決勝、日本vsイングランドだったので、これは観ないといけないでしょうってことで、今日も寝不足です。風邪こじらせたら自業自得ですね。みなさんも風邪ひかないように気をつけてくださいね! 

さて、この前のブログで自分の知り合いを介してリンクしていくと世界中のみんな繋がっちゃうっていうのと似てるな、この現象...ってとこで終わってたと思うんですが、みなさん僕がなんの話ししてるかわかります? ヒントはケビンベーコンです。日本でも話題になってたと思うんですけど、アメリカでは7、8年前だったか、結構大騒ぎしてました。"6 degees of Kevin Bacon(シックスディグリーズオブケビンベーコン)" って言うんですけど、聞いたことあります? ある時ケビンベーコンが "僕はハリウッドスター全員と共演したことがある" っていったのがきっかけで広まった遊びで、ケビンベーコンと共演した人が1で、その俳優さんと共演したことがある人が2、というように繋いでいくと、世界中の人が必ず6回まででまたケビンベーコンにたどり着くという法則で、その当時はみんなが何をそんなに騒いでいるのかさっぱり理解してなかったんですけどね。意味が理解できたのはそれからずっと後です。元の発想は " 6 Degrees of Separation(六次の隔たり)" と呼ばれ、自分の知り合いを6人以上介すると世界中で一番関係なさそうな人にもリンクしてしまうというものなんです。ソーシャルネットワークサービスの理論の元とも言われてるそうです。そうです。世界はあなたが思ってるよりも結構近くて手の届くところにあるんです。

で、自分でこのシックスなんちゃらケビンベーコン の法則に似てるなって言っておきながら、こちらのはえらい数学的な理論やなと思いながら、今回の僕の周りで起きた不思議なリンクとはちょいと違うかなと。ちょっとした予知能力というか超能力というかテレパシー的な要素の方が強いよなあと一人でぶつぶつ。そういえば今朝もこのスモールワールドトークに繋がる説明不可能な出来事が。前回のブログで頂いたコメントの中にトムウェイツの"Closing time"が出てきたので聴いてみたって話ししたんですけど、なんと、朝会社行ったら隣の席に座ってるK君が、"クロージングタイム〜タンタラタラタラ〜"って口ずさんでるじゃないですか! 僕なんにも話ししてないんですよ!。本当にびっくり。曲は Semisonic の "Closing Time" だったんですけどねー。笑 なんで今口ずさんだのって聞こうとして止めました。なんかしゃべっちゃったらこの不思議さが半減しちゃうような気がして。みなさんのまわりでもこういうことってありません? 一番良い例が、誰かの話ししてたり考えたりしてたらその人から本当に電話がかかってきたりメールがきたり、後ろ振り返ったら本当にふっとそこにいたり。
まあ今までこういう言葉では説明できない不思議な繋がりの連鎖、流れに乗ってロンドンまで辿り着いてしまったので、僕の中ではこの不思議なリンク現象は 確かに存在するフォースなわけです。(またまたちょっとおおげさですねー。)

現に、今この僕のブログ読んでいただいてる方達ってすごい至近距離ででリンクしてると思いませんか? だって世界中で何十億人分のたった数百かなんかですよー!また今回もたわいもない話しに終始してしまいましたが、暇つぶしになりましたか? なったでしょ? それではこの下の "ロンドン情報" か "イギリス情報" クリックしてくださいね! クリックしてもらったからといって僕の収益になるわけでもなんでもないんですけどねー。僕のフェイスブックの友達諸君、まちがってもフェイスブックの "いいね!" ボタンのことじゃないですよー。一生懸命書いた記事に何票入ったか見て一喜一憂してるだけです。ちなみにこの前のRita Oraの記事は僕のブログ史の中でも歴史的な惨敗でした!なんで?笑
43d0d1333eaaff603ce3808ff32d4647

関連記事:
ジムジャームッシュが僕の頭の中を占領中...



 

ランキングに参加しています。暇つぶしになったら1クリック(投票)してください!
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ