僕のブログ読んで下さっているみなさん、お久しぶりです。

お久しぶり過ぎて何から書いたら良いのか見失っております。まあ最近のニュースと言えばワクチンの接種が爆速で進んできて予定を前倒しで4/6から16歳以上の人はみんな接種の予約が取れるようになったって事ですかね。更に2週間も前倒しで4/19から全成人がワクチン接種可能となり、コロナ完全克服に向け、アメリカ人の鼻息は荒いです。僕の会社も5月から通常営業再開と、いよいよコロナ後の世界のゲートが開きつつあるアメリカです。日本とはちょっと違った雰囲気の世界が展開されつつあるんじゃないでしょうか? 

ちょっとここで、アメリカのニューヨークに住んでる日本人が描く2021年はどんな感じなのか、呟いていこうと思います。

先ず、今アメリカは7/4までに全国民がワクチン接種完了してコロナに完全勝利するという目標に向かって突進中です。もう既に30%以上の人がワクチン接種を終え、気分はもうコロナフリーって感じで、昼間からほろ酔いでマスク無しで浮かれてる若者がたむろし始めてるのをちらほら見かけると、

”半狂乱の時代の到来がいよいよ近づいて来たな”

って思います。コロナのせいでもうかれこれ1年以上も閉じ込められてきたアメリカ人がワクチン打って次にやることと言えば...もうお分かりですね。パーティーですよパーティー!!!飲めや歌えのどんちゃん騒ぎです。国からは3回目の追加支援金も振り込まれましたし(お金を貯金するのは日本人の専売特許だったはずなんですが、アメリカ人溜め込んでます!アメリカ人がこんなに溜め込むの、後にも先にもないでしょう前代未聞です)。ん、今、小耳に挟んだんですが、貯蓄率がアメリカは日本の2倍なの! 多分日本人は投資する人が少ないからいつのまにかこんなに差がついちゃったんですね。銀行にコツコツ貯金してれば安全って時代はもう完全に終わってます。貯蓄でも完全にアメリカに負けてる日本、なんか悲しい...

とにかく早くて夏、遅くても秋には大バケーションをアメリカ人は計画してる事でしょう。

失業率も低下、雇用も拡大、株式市場も2月3月と停滞していましたが、いよいよ回復の兆しが...中にはこの4月に株価が大暴落する!なんて人もいますので、4月はじっくり状況を見定めながら慎重にって感じですけどね。

ビットコインについては去年1万ドルくらいまで戻ってきた頃からブログでもワーワー言ってきましたが、その頃から比べても既に6倍! もう上がりきっちゃってるから遅いでしょ、って思ってるみなさん、まだチャンスはあるかもですよ! 今から10倍!ってわけにはいかないかもですが、コインベース(全米最大のビットコインのネット取引所)が満を辞して4/14に上場を控えてますし、瞬間で1ビットコイン1000万円!なんてこともあるかもしれない。このコインベースのIPO、今年最大の目玉になりそうです。コインベース株買う?買わない? 僕はもちろん買う努力はしようかなと思ってますが初日の値動きしだいですね。2021年は多分ビットコインが今後の社会に定着していく元年みたいな位置付けになっていくというか、前にも言いましたけど、お金として流通していくというよりは証券、株やゴールドのような感じで扱われていくようになると思います。逆に今はビットコインにお株を奪われてる感じのゴールドですが、逆に長い目で見ると買い時なんじゃ無いの?なんて思ってるのは僕だけでしょうか...

でも、僕が予想するコロナ後の大フィーバーは夏の夜を照らす打ち上げ花火。その後はコロナ前の日常とコロナ後の日常をそろりそろりと混ぜ合わせていく地味な生活が待ってるのかなと。後はしっかり品種選んで植えておいた種にしっかり水をやってじっくり育てていくような日々になるんじゃないかと思います。

後、つい最近まで過半数の人がオリンピック中止すべきって日本人は思ってるって報道で溢れてましたけど、僕はオリンピックは開催されると思うし、開催して欲しいと思ってます。白血病克服して驚異の回復を見せてる競泳の池江選手が我が国ニッポンで金メダル獲得して世界中を感動の渦に巻き込んで欲しい!!!

最後に今アメリカでアジア人に対するヘイトクライムが急増中ですが、ブラックライブスマターといい、タイミングを図って起こっている?って感じてしまうのは僕だけでしょうか? 
僕なんてアメリカ来てすぐの頃、なけなしのバイト代で買ったビデオデッキ、3人組の男に良いように騙されて盗まれたり(この話し出したら長くなるので今回は省略...)、自転車で走ってたらいきなり顔ぶん殴られて起き上がった頃には、その男は車で逃走(多分なんかむしゃくしゃしてただけなんでしょう。たまたま居合わせた僕のタイミングが悪かった...)と、ニューヨークで何十年も生きてるアジアンとしては、

“なんで今更ニュースになってる?”

って感じです。いろんな鬱憤が、自分より弱そうで何喋ってるかわかんない黄色い肌の人種に向けられてるってだけの話しで、この手の犯罪を犯すのは大抵このアメリカ社会の落ちこぼれなわけで...で、ニューヨークではマリファナが合法化でしょ。今だけ切り取ると世も末ですな。

格差社会、人種差別、ジェンダー差別、問題なんて上げ出したらキリがない。一つだけ言えるのはワクチン打ったもん順にイッチヌーケターって感じで失った日常を取り戻せる権利が与えられるって事。あれですよあれ、ちょっと前のトランプさんの人気番組でよく言ってた “I’m immune.” ってやつですよ。

これもブログで以前言ったと思うんですけど、僕らは一回死んだらお終いの人生という名のゲームに参加してて、今まで生き延びてる人はみんな幾多の苦難を乗り越えてきたサバイバーなわけです。運が良いんだか悪いんだかわかりませんが、僕は今アメリカのニューヨークにいて、どうやらこの社会で平穏に生き延びていくにはこのワクチン接種をしないといけないようです(せめてもの希望は一番効き目が良さそうなモデルナを打って欲しいかなと...)

ハズいのでワクチン摂取した後に証明書と一緒にインスタとかフェイスブックに写真を上げるなんてことはどんなことがあっても絶対にしません。そーゆーのが似合う人はどんどん、ご自由に!(笑)。





にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ