ここ数ヶ月、週末のルーティンになっている食料の買い出しで日系食料品店行った時、目が止まったのがこの記事。

IMG_9147

最近ネットなどの記事で、海外に住んでる日本人も日本政府からの10万円の補助金がもらえるかも、という記事を目にしていたので淡い期待を持っていた方もおられるようですが、やっぱり駄目だったみたいですね...

週間NY生活さんが詳しい情報を書いてくださっているので興味のある方はこちらへ。




個人的な感想としてはやっぱりな、という感じで、アメリカ政府から既に給付金頂いている僕は異議なしです。今後どうなるのか先行き不透明な状態はしばらく続くわけですし、そのお金は緊急時に取っておきたいと思っております...なのでもっとくれーなんて厚かましいことは考えてはおりません。でも貰えるなら貰いたい!とは思ってましたけどね(笑)。
そもそもコロナの影響で経済的に困っている人を救済するっていうのがこの給付金の根本的な目的なわけですから、人種、国籍を問わずその国に現在住んでいる人が対象なわけで、海外に住んでる人は自分が住んでる国に支援を求めるということでいいんじゃないかと思います。でも学生さんで日本に住民票を残したままで、住んでいる国でその国の銀行の口座開いてない人なんかはどちらからも貰えない人もいるのかな?と思うと不公平だなって思うところもありますが...

ということで、僕が住んでるニューヨーク市は明日からフェーズ2で、お店やレストランはピックアップ&デリバリーは今まで通りでオッケーで屋外での飲食もオッケーになります。ニューヨークは感染者のグラフが上がるのも半端無かったですが、下がるのも半端なく、黒人差別問題で全米に広がった抗議デモの影響はまだ出ていません。コロナの感染者がまた激増するんじゃないか?って危惧していたオヤジの心配を今んところ良い意味で裏切ってくれています。このまま奇跡的に低空飛行を続けて欲しいと切に願います。 それよりテキサスとかフロリダ、カリフォルニアでコロナの感染者が激増しているのがかなり心配...アメリカは広いですからね、時間差で感染が増えて来ているんだとしたら...今度は助けてもらったニューヨークがみんなを助けに行く番!ですよね、クオモさん。一人でも多くの命を救うため立ち上がれニューヨーク🗽!!!。