ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

2016年07月

最近、ちょっと食生活は手抜きが多く...買って帰ってすぐに食べられるのってやっぱり楽だから良いですよねー。
一旦手を抜き出すと歯止めがきかなくなり...完全テイクアウトな夕飯なことも...

ということで、今回の調達先は "itsu" です。お味噌汁は即席でお湯足すだけの豚汁(これは日本で山ほど買い込んだ買い置き)、で、ご飯はなんとWasabl。期せずしてロンドンの日本食二大巨塔のテイクアウェイフランチャイズ店の夢の共演?!笑 。

なんでご飯だけWasabiなのかというとですね、ちょっと話しが長くなるんですけど良いですか?  先日おかずはあるけどご飯炊き忘れたことがあって、どっかでご飯だけ買って帰ろうって時があって。で、リバプールストリート駅の近くのWasabiに行って、

"Can I get a white rice?"

って頼んでみたんです。カツカレーとかあるからもちろんご飯あるだろうと思って。そしたら店の店員、異様なものを見るような目で僕を見て一言、

"We don't have it."

って言ったんです。えー! だってカツカレー出してんじゃん! 無いわけ無いでしょ!的なボディランゲージで食ってかかろうとしたら、お店の店員さんも僕の殺気を肌で感じ取ったのか、すかさず、

"We don't just sell white rice, but you can get it over there."(ここではご飯だけっていうのは売ってないんですけどあそこなら売ってますよ。)

って言って駅の方を指差したんですね。
その先にはWasabiのキヨスクがあって...
キヨスクなら出してるのにここでは出せないってどういうこと? まあそういうんならしょうがない、ということでWasabiのキヨスクに。で、白飯だけ頼んで何とか無事にご飯ゲットできたんです。値段はたったの£2で大人二人分は裕にあるんじゃ無いかってくらいの特盛りで。

ということでそれ以来、おかずは別でご飯だけWasabi(しかも駅前のキヨスクのみ)という裏技が完成してしまったというわけなんです。

日本のみなさん、海外で生活するって大変なんですよー。ご飯一つ買って帰れないんだから…まあそんなに食べたいならちゃんと自分で炊いとけよって話しなんですけどね。笑

では、本題に戻ります。こちらはベジタブル餃子。一応申し訳程度に健康に気を使うという潔悪さ...これ、結構美味しいんですけど、もう少し中の具入ってて欲しい...それにしてもなんで餃子に唐辛子なん? こういうの食べると異国に住んでること実感してしまう...日本食なのに...

こちらはごまごまサーモンと半熟卵とサラダ。これ、結構良いおかずになりますよ!サラダのドレッシングもさっぱりしてて美味しいし、卵が半熟なのが良い。サーモンもボリュームたっぷりで日本の塩鮭と違ってジューシーなんだけど味が淡白なのでごまがすごく効いてます。お醤油を垂らしたらもう完璧!

ということで、本物日本人はお寿司ばっかり売ってる海外の日本食屋を、ここはあえて、な切り口で楽しむ努力を日々重ねております…


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村        

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日のブログでどう見てもバー(はい、パブって感じじゃなかったです。)なのにラーメンが食べられるお店ってことでリバプール駅近くにあるSasuke、紹介させてもらったんですが、何と閉店! ガーン…せっかくチャーシューの美味しいラーメンが仕事場の近くで食べられると思ってたのに...もし、万が一にでも僕のブログ見て興味を持ってここに行ってしまった人がいたら、この場をお借りして陳謝します...本店は別にあるそうなので、ここのラーメンを食べたい人はそちらに...それにしても残念...でもここすぐ隣りで日本食が食べられるので、すぐに立ち直れたんですけどね!

ということで、ここ、"Japanese Canteen" でランチです。
ダルストンに住んでた時はよくここにカツカレーを食べに行ってたんですよねー。でもここでランチ食べたことなかったので、ランチはどんなもんなのかチェック。

ビジネスマン風の人と学生風の人が入り乱れて結構大盛況ですね、このお店。ダルストンのお店とは大違い。

ラーメン食べられなかったのでラーメンを!と思ってお店に入ったのになぜかランチセットを頼んでしまった...頭はラーメンを欲してたのにお腹はランチセットを欲したんですねー。なんじゃそりゃ?!笑 ちなみにこれは照り焼きチキンセット£8.95(お持ち帰りにしたら50p引きだそうです!)。

ここはやっぱり良いですね。丼系もいっぱいあるし、ヌードル系にお寿司、韓国の石焼ビビンバまで!(きっとオーナーは韓国系なんでしょうねー。働いてる人の中には日本人も韓国人いなさそう。完全に地元に根差してる感じです。)

隣りのpizza union と人気を二分、ビジネスマンと学生さん達の胃袋を満たしてくれるロンドンの大衆食堂。座ってランチセット食べてたらまるで日本の学食で食べてるような錯覚に陥ってしまうのは僕だけじゃないはずです。

でも、ここ親子丼が無いんですよねー。カツ丼はあるけど、もしかしてそれも卵でとじて無い?!...忘れてました。ここはロンドンでした...美味しい親子丼が食べたい...
誰かロンドンで美味しい親子丼食べられるお店知りませんか?できればあんまり混んでなくてすっーと入れるお店。えっ自分で探せって? ですね、ですね。そうします。じゃあどっか良いお店見つけたらまたみなさんにご報告しますね!


関連記事:





暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票y)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村       



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いきなり家飯の写真。こちらはAちゃん考案の和風天津飯です。和風って言うと聞こえは良いんですが、冷蔵庫に残った野菜や椎茸類をなんとか片付けようと知恵を絞って生まれた苦心作!
ちなみに材料はいろんな椎茸、ボクチョイ(日本ではパクチョイって言うんですかね?)、卵、で中にはひじきご飯が入ってます。
あんかけも甘酸っぱくしないで出しとお醤油に片栗粉入れてとろみをつけたのがかかってます。
味付けがちょうど良い。シーフードとかお肉が入ってない分椎茸の美味しさが際立ってる感じ。ひじきごはんがうまく間を取ってくれてます。お腹にもお財布にも優しい一品。

ごはんの後、Aちゃんがボソッと一言。

"あっキクラゲ入れるの忘れた..."

そうやね、入っててもよかったね...

で、次の日にリベンジ。

"あっこれちりめん雑魚入れても良かったかも!"

ということで、家飯和風天津飯は日々進化を遂げてます...



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村      


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


僕のブログ読んでくださってるみなさんはもうとっくにお気付きだと思うんですが、ここ最近のランチは心赴くままにお腹を満たす自由ランチにシフト中です。平日ベジタリアンは無期限?!いや、一時休止です。何事もバランスが大事ですよね。あまり偏りすぎないように気をつけながら至福の時を楽しんでおります。

で、今日のランチはここで。
"DF Mexico" ってお店で、この前ご紹介した  Rosa's の道挟んで斜め向いにあります。

ここもなんか近すぎていつでも行けるさーと思ってたんですが、一回くらい行っとこ、と思い今日は🌯(ブリトー)でも食べようとお店の中に...

なかなかおしゃれな入り口。

天井も高くて大っきな窓から陽が燦々と。開放的で良い感じの店内。

良し、ブリトー🌯🌯と思ってメニュー見てたら向かって左にそびえるバーガーが視界に…んっメキシカンでバーガー?!なんじゃそりゃ?!ニューヨークにインスパイアされて? ニューヨークにそんなのあったっけ? 駄目だ、意識から消し去る事が出来ない....すみません、これ、ポテトフライとセットでお願いします!

見るからにボリュームたっぷり。メキシカンなんでマヨはもちろんピリ辛です。今日はビーフで。

ポテトフライはシェイクシャックのに似てますね。こちらもボリュームたっぷりのてんこ盛り。

全然期待してなかったんですが、なかなかの腕前。ブリオッシュバンなのでフワフワで食べやすいパンとガツンと荒々しい中身のコントラストが心地良い。メキシカンなら🌯ブリトーか🌮タコスでしょって思ってた旧式人間の僕に豪速球の直球をど真ん中に投げ込んできた本格派のバーガー(バーガーの絵文字が勝手に出て来ない...慣れないことはするもんじゃないですね...笑)でした。

順番逆になりましたが、席ついてオーダーが決まったらここに来て自分で注文。


自分が座ってる席の番号を入れてから注文です。

イケメンなのに芯がしっかりして、一人で行っても気さくに迎え入れてくれる男前メキシカン。気に入りました。また来ます。


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村     


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いっつも何かにつけて辛口なA君が、珍しく太鼓判のNetflix 制作のドラマ、"Stranger Things" 。1980年代の年代のアメリカが舞台で、ウィノアライダーが出てるっていうんで、さらに興味津々。Rotten tomatoesで90%超えてないのは見る気もしない!と言ってるA君、あっ本当だ90%越えで93%か。リビューも上々なようですねー。


ということで、早速最初のエピソードを鑑賞。

内容はもちろんお話しませんよ! 興味ある方はNetflix で!

このドラマで流れてくる80'sの音楽、ファッション、車、比較的筋を追いやすくて次の展開が見え見えなんだけど、やっぱりドキドキワクワクコワゴワしてしまうストーリーで、出てくる出演者全員、どこか奇妙な独特の雰囲気醸し出してます。キャスティングの妙ですね。最近、ファッションでも80'sにお父さんがかけてたような四角い眼鏡を10代そこそこの若いモデルさんにかけさせたり、かなりギーキー(geeky)&クイアー(queer)なルックに注目が集まってますもんね。あの時代、クラスに一人か二人は必ずいたよなーこんな人なんて思いながら、その奇妙さがやけに印象的で目に焼き付いちゃうんですよねー。そしたらだんだん親しみまで湧いてきて...なんか懐かしいぞ!  やばい、トレンドセッターに完全に踊らされてる...

ETとスタンドバイミーとヒーローズと後ツインピークスを良いとこ取りしたような80'sレトロ(そうです、僕が生きてた80年代はもう完全にレトロです...)のこのドラマ、面白いですよ。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村    
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は外食する元気も資金もなかったので、某日本食スーパーNNで(名前伏せる必要必要ないか...笑
)お惣菜でも買って、残り物で済ますことに。

じゃーん! なかなか良い感じじゃないか! 本当はNNの唐揚げを買いに行ったんですよねー。多分、ここのがロンドンで一番美味しいと勝手に思ってるんで。

では、一皿ずつ解説していきましょう。(要らないと言われてもこのまま進めさせていただきます。笑)

先ずはサラダ。トマトと売れ残ったゆで卵、ウォータークレス(日本ではクレソン?)が冷蔵庫にあったのでチョップ&ミックス!

で、これをかけて。ちょっとトロッとした豆乳とバジル、お酢、塩コショウ、レモン少々、でオリーブオイルです。中に何入ってるか全部わかってるので安心して食べれます。

こちら、お惣菜のエビシュウマイ。上手い。強力バックアップ、ありがとうございます。

こちらは二日前のゴーヤチャンプルー。ごま油で炒めなおして...味がしみててさらにうまし。

メインの双璧の一つがこちらのスズキのお刺身。食中毒事件以来、生物は極力避けてきたんですが...買っちゃいました...
スズキ激ウマ。スズキが今日残ってた中で一番安いなんて素敵です。 今日現在食中毒の症状は全く無し! 日本のスーパーだと安心して買っちゃえます。

こちらは残り物の味噌汁。ジャガイモとわかめとこの赤いのなんていうんだっけ?

ご飯は玄米と黒米(バスマティ米だったと...)

やっぱ、家飯が良いですね。日本に住んでたら外食しないで毎日お惣菜三昧!するとと思います。ご馳走さまでした。


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村   


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この週末はロンドンは良いお天気でしたねー! 毎週こんな感じだと最高なんですけどね。ロンドンの短い夏を満喫するためにどこ行こう? と考えて、向かった先はなんと家から地下鉄で2駅のご近所、Hampstead Heathです。今日はここでは森林浴です。


やっぱり天気が良いせいでしょうね。人が多いです。

あっここはもっと人が多い...木陰で静かに本でも読もうと思ってきたのに...それにしても水着姿の人の密度が高い...まるでビーチ。芝ビーチ...

こっち側の池は泳いで良いんですねー。なるほど。次は水着着てこないと(でも、ここで泳ぐくらいならどっか他のビーチ行きませんか?笑)   

森林浴も海水浴(海水じゃないけど...)も両方楽しみたい欲張りな人、または遠出は面倒くさいから近場で済ましてキンキンに冷えたビールで乾杯したい!人にはもってこいですねー、ここ。

やっとてっぺんに到着。木が茂り過ぎて街の景色が見えん...さあ下に降りて丁度良い木陰を探そう。

こちらおやつに持ってきたクッキー。スペルト小麦(古代小麦)を使ってて遺伝子組換え無しのオーガニック。美味しいですよ。

で、寝転んで本でも読もうと思ってたんですけどね、虫が多くて...タオルの上にガンガン攻め込んでくるんでね...今日はこれで撤収!!! 


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日は仕事帰りにスパイタルフィールズにある "Ottlolenghi" に初めて行ってきました。
このお店、良くブログにコメントいただいてるZさんに教えてもらっていつかは行ってみようと思っていたのでいよいよです。

赤でも白でもロゼでもない "オレンジ" ワイン。どういうワインなのか説明聞いたんですが...聞いても良くわからず....でも要するに、白ワインに使う白ぶどうを皮ごと潰して(赤ワインの作り方)で醸造するんだそうです。最近流行ってるみたいですねー。日本でももう流行りだしてるのかな? 夏にぴったりで他とはちょっと違ってて平凡なのには飽きちゃった大人向けのワインって感じです。

まずはサラダ。本当はブルーチーズ苦手なんですけどね、ピーチが入ってるサラダ?!と興味を惹かれて注文。丁度いい具合につけこまれたグリルドピーチが実に良い!ブルーチーズは塩気を補うためにほんのちょっとだけ...このお店単品をちょこちょこいっぱい頼むタパス風?!なんですねー。

これはコルジェットフラワーの天ぷらです。
リコッタ&ゴートチーズが中に入ってて外の衣はサックサク。これも良い!(実はゴートチーズも苦手なんですけどね、これはまだ食べられました。家で自分が作るとしたらリコッタチーズだけにしますけど...今度やってみよ。(何を隠そう僕は元伝説の天ぷらシェフなので天ぷらには結構うるさいんです。って、自分で言ってるだけですけど。笑...あの当時、リチャードギアとかイーサンホークとか客で食べに来てたんですよ!)

こちらはホタテのグリルとコルジェット。出てくるお皿全部綺麗です。味も文句無し。

今日の一皿はやっぱりこれ。ポークベリー。左端に写ってる黒いソースが豚のパンチと果物と野菜の優しい甘みをうまーくまとめて口の中で完結してくれる...一皿じゃ足りません!(おかわりください!って言いたくなるはず。)

今日はエスプレッソを注文。ここのはちょいと酸味がきついコーヒーです。

これはグレープフルーツとアイシングのパウンドケーキ。ちょー甘いんですけどねー、食べちゃえます。でもやっぱり日本人には甘過ぎかなー。

メイプルシロップ味のクリームが上に乗ったアップルケーキ。キャロットケーキのキャロットをりんごにしてしっとりさせたような感じのケーキです。これはいけますね。誕生日にここのキャロットケーキを食べさせてもらったので今回はパスしましたが、やっぱりここではキャロットケーキがオススメです!

このお店カウンターの上に天窓があって日が暮れるまで明るいのでカウンターに座ったんですが、振り向いたらテーブル席はもう満席。

ご馳走さまでした! ロンドンいる間に一度は行っときたかったので。さすがスターシェフのお店ですね。手の込んだ美味しい料理を美味しいお酒とちょっとずつ。たまにはこれくらいの贅沢はありなんじゃないかと。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日、仕事中にAさんが、

"フリーでラップトップもらえたのに次にアップグレードするときは£200足さないといけないらしいの..."

みたいなこといってて。ディスレクシア(読書障害)だから国から補助が出るらしく。で、A君が、

"良いなあ、俺もラップトップ欲しい..."

って言い出して話題はDyslexia一色に。

とにかく脳になんの問題もないのにその伝達の仕方が他の人と違ってて、学習するときに障害になるらしく...例えば読むのが凄い遅いとか、7とsevenが同じものと認識できないとか、読めても書けないとか、字を鏡文字で書いちゃうとか...症状はいろいろなんだそうです。

あれっそう言えば僕も昔、字を鏡文字で書いてた記憶が...実は元々左利きだったんですけど、親に矯正されて今はペンは右で持ってます。(いまだにハサミ使うときとかボール投げる時は左手使うんですけどね...)。

で、ずっと左利きだったから鏡文字書いてたのかな、と勝手に自分で解釈してたんですが、イギリスとかアメリカではもしかして一種の障害として扱われ、ただでコンピューターをもらえたんじゃないか?と笑。でも小さい時にはよくあることなんだそうで、ほとんどの人は小学生に上がる頃には修正出来るので問題無いらしく、大きくなっても治せないなら読書障害の可能性を疑った方が良いそうで。有名人でもディスレクシアの人は結構多く、レオナルドダビンチにスピルバーグにキーラナイトレイ等々。なんか一芸に秀でた人が多いような...

でも日本人で大人になっても薔薇って読めても書けない人多いでしょ?イギリスやアメリカでは読めても書けなかったら問題になるわけで...でもやっぱり日本人が漢字書けないのとはちょっと違う気がしますが...ただの学習不足なのか一種の障害なのか、どれくらい読むのが遅いと障害なのか、線引きが難しそう。

僕の場合、心配して左利きの僕を右利きにしつけ直したのは社会にちゃんと適応出来るようにって親心だったのかなーと。
そもそも元は左利きだってことと鏡文字を書いていたってことに関連があったのかどうかさえも今となっては不明だし...

いや、これはもしかして利き手をスイッチすることによってたまたま障害を克服することができたレアーなケースなのかも? 真相は謎のままですが...いかん、だんだん気になってきた... 思考が迷宮に...

とにかく、今頃になって"えっもしかして僕、ディスレクシアだったのかも?。と、思わぬところからの根拠の無いカミングアウト?!でした。

でも、機会があるなら診察受けてみたいな...あっ駄目だ、左手で鏡文字書こうとしても今はもう書けない...既に脳の中で修正されてる...すみません。お騒がせしました。

ところで、Aさんにただでラップトップをもらってしまうのはちょっと行き過ぎなのでは?と投げかけてしまったA君、最後は逆ギレされてタジタジ。全く問題なくコミュニケーション取れるのに伝達障害。確かに誤解されやすい障害ですよね。Aさん、A君に変わって僕が謝ります。ごめんなさい...


今日はゴーヤチャンプルー丼。

げっ何これ?いっつもこんなにお店出てないのに凄いお店が並んでる!(ちなみにここスパイタルフィールズマーケットの真横です)  知ってたらこっちも試してみたかったぞ!来週もやってますか?



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロンドンは今日も暑かったですねー。でも昨日よりは過ごしやすかったのでホッとしてる人も多いんじゃないかと思います。でも、もしかしてロンドンの夏はこれで終わり?とちょっと不安な気持ちになってしまうのは僕だけでしょうか? やっぱり夏は暑くないと調子狂いますよね。

さて、今日は何書こう?と考えてたらピザのお店のこと書いたっけ?って頭に浮かんで...このお店のことブログに載せたか載せてないか全然覚えてない...まあもし以前に載せたことがあったとしたらだぶっちゃいますが、お許しください。

で、お店の名前は "Franck Manca" です。


ここチェーン店でロンドン市内中心に20店舗以上もお店があって今でもどんどん拡大中。美味しくて安くてオシャレでファミリーフレンドリーなピザ屋さん。基本ピザしかださないけどノリは日本のファミレス?!って感じでしょうか。

ここはBelsize Park店。開放的な雰囲気の良いお店です。

早速ピザの写真を。これはほうれん草とコルジェットのピザ。約£7。これ余裕で普通の人の2人分のビッグサイズです。ここのピザは生地がもちもちですごく美味しいんですよねー。
こちらはトマトとモッツアレラとバジルのピザ。これなんてこのサイズで約£6!!!激安。

で、ちょっとびっくりしたのがこのティラミス。めちゃくちゃ美味しい! これは全く期待してなかったので嬉しい誤算。間違いなくロンドンナンバー1!!! 変なケーキ屋さんで頼むよりよっぽどここの方が美味しいです。

一度行ったらなんでこんなに人気なのかわかりますよ。ロンドンにいる間に一度はここのピザとティラミス、試してみましょう!


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ