ニューヨーク、今んところブルックリン派です。

慣れ親しんだNYからLondonに武者修行。自分で言うのも何ですが、激動のロンドン生活を経て再びニューヨークへ!落ち武者?凱旋帰国?さあ、どっちなんでしょう...日本、ロンドン、ニューヨーク、どこへ行っても上手く枠にはまれない、はみだしオヤジのつぶやきブログです...

2016年06月

先週から今週にかけてイギリスはEU離脱関連で揺れに揺れ、先がなかなか見通せない状況ですが、とりあえず新しい首相、新政権が出来るまでは表向きには何もできないわけで、感情的になってしまってる人達の怒りが収まるのを待ってる感じです。最近、なぜかハワードスターン(アメリカの人気ラジオホストでアメリカズガットタレントの審査員でもお馴染みの)のラジオを会社で聞いてるんですけど、彼のお母さんが、

"もう腹立たしいったらありゃしない"

って凄い怒ってて、

"何に怒ってるの?"

って彼が聞いたら、

"イギリスよ。EUを出るとか出ないとか、私にゃサッパリわからないけど、とにかく腹立たしい!"

って言ってたそうです。

確かに今何が起こってるのか本当は全然わかってないのに訳も分からず怒ってる人が結構いるんじゃないかと...

今のイギリスの状況を例えるなら、ずっと辞めようと思ってた会社にフリーランスになりますって言って、でもまだしばらくはこのまま働いて、で、会社を出てからもフリーランスとして関係を続けていきたいです!って言ってる感じじゃないかと。本人は自分には実力もあるし、フリーでやっていく自信もあるし、いろんな束縛から解放されるから、最初はきついけどまあ何とかなるかなと踏んでるわけです。イギリスはかなり強気なんです。(今のところ猛反発受けて意気消沈してますが...)

長い目で見たらEUも離脱を決めた大手取引先のイギリスを目の敵にしてずっといびり続けるわけにもいかないだろうし。今回のこの世界中の大騒ぎを見ていると、やっぱりイギリスがヨーロッパの中心的存在なんだなって事が逆によくわかる気がします。イギリスが、どうでも良い取るに足らない小国だったらこんな大騒ぎしないでしょ?(まだ何も変わってないのにちょっと周りが騒ぎ過ぎな感はありますが...)


今回、イギリスのEU離脱関連について書いてる論評をいくつか読んでみたんですが、同じ事柄なのにこうも違う見方があるものかと感心しきりです。
イギリスなんてもう見切って、日本の企業は今までイギリスに置いていた拠点もドイツかフランスに移してしまえ!なんて人もいれば、その真逆で、フランクフルトは退屈だし、パリは税金高すぎるから、やっぱりイギリスに拠点を置いとくのが一番なんじゃない?って人もいて、かなり興味深いです。さらに言うと、もうイギリスはEUを見切ってこれから発展が十分期待できる国が集まってるイギリス連邦(Commonwealth of Nations)の加盟国との関係をさらに強固なものにして加盟国間での貿易をし易くして安全協定もしっかりと...なんていったらこっちの方が良いんじゃないの?とか。ちなみに規模だけでいったら世界人口の1/3をカバーしてるんだそうです。アフリカ諸国にオーストラリアにシンガポールにインドかあ。なるほど。

ジョージ2世の末裔で時期首相の大本命のボリスさん、今後、中国とも大接近したいと考えてるようですし、彼が描く大英帝国復活のシナリオはちょっと壮大すぎて、一般の人には傲慢で身勝手な考えとしか今んところ映ってないようです。

でも、ちょっと見方を変えると、時代にそぐわなくなった古い規則を見直して、商売の行き来はし易いようにゆるーくして、テロや安全対策については徹底的に仲間同士で助け合っていくような新しい繋がり方を世界各国が模索する段階にすでに入って来てるんじゃないかともいえるのではと。これからイギリスがどうなっていくのか、注目していきたいと思います。

などと書いてたらEU離脱派からEU加盟を希望している危険な国としてジョーカー扱いされていたトルコの空港でまた自爆テロ。今回のイギリスの決定が少なからず影響してるんでしょうか? テロが起きる根本の原因を解決しない限りもう防ぎようなんて無いです。世界がまた自国の周りに壁を作る方向にだけは進んで欲しくないと切に願うばかりです。

今旅行中のみなさん、これから旅行計画中のみなさん、くれぐれもお気をつけてください。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村          







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



週末は大英博物館へ行って来たって前回のブログで書いたんですが、その超有名博物館の目と鼻の先にある、Brunei Gallery っていう小さなギャラリーにも足を運んでみました。


大英博物館は凄い人でごった返してましたが、こちらのギャラリーはほとんど人がいません(笑)。でも、それが逆に良いというかなんというか。こちらも無料なので、お金の心配はいりません!

Brunei Gallary は SOAS, University of London (School of Oriental and African Studies)の中にあります。ちょうど100年目なんですねー。





いやーなんか癒されます。ここだけゆったりとした時間が流れててロンドンにいること忘れてしまいそう。



屋上には何と日本庭園!!ロンドンはまだ涼しいので、ありがたみが薄いですけど、暑くなったらゆったりとひっそりとここへ涼みに来るのもありですねー。

そろそろお腹も空いてきたので、近くの隠れ家的レストランへ。




こっちは中で...

こっちは外です...1時過ぎには外の席は満席に。ここはBloomsbury Hotelにあるレストランなんです。素敵で良いホテルそう。(泊まったこと無いですが...)


こちらはクラブオントースト。カニにレモン?!のきざんだのが入ってて爽やかな味。美味しい!(でももっと食べたい...プチサイズです...)

これはほうれん草のサラダ。

見た目も楽しんでます。

こちらはウエイターさんオススメのフレンチトースト。しっとりふんわりのパンと優しい甘み。美味ですなー。これはデザートって言った方が日本人にはしっくりきます。

下の階にも隠れ家的バーが。夕方から夜にかけて来ても良さげな感じ。

ロンドンはどこに行っても人人人で人混み疲れしてる方にオススメの、ひっそりゆったりの週末ギャラリー&ブランチコースのご紹介でした。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村         















    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今週はEU離脱関連でイギリスが大激震した週になりましたが、それとは裏腹に至って平凡で穏やかな週末を過ごすことができました。普通に土日がお休みって本当にありがたいですねー。

ということで、穏やかな休みの週末に行くとしたらピクニックか美術鑑賞でしょうってことで、昨日はまだ一度も行ったことが無かった大英博物館へ。


今日のお目当は"Sunken Cities: Egypt's lost words" です。




近年、ナイル川に近い地中海で凄い規模の新しい発見がありエジプトとギリシャ文明の痕跡をそっくりそのまま残っている文明都市が沈んでいる事がわかり、今回はそのうちのたった5%の発掘(のうちの一部)の展示です。後95%はまだ海の底なんてなんか凄いですよね。

この特別展だけ有料ですが、11月の27日までやってるので興味のある方は是非行ってみてはどうでしょう。かなり見応えもあるのでオススメです。何千年も前にこんな高度な文明が栄えていたなんて凄いなーと感心しきりです。

さて、せっかく来たのでもちろん他の展示も見て回りましたよ。実はこの日の前日、NHKで2012年に放映された"2時間で回る大英博物館"っていうのをインターネットでチェック済みでして。何となく頭の中に入ってる道順を元に早速スタート!




ロゼッタストーンの回りは絶対混んでるので後回しに!って言ってましたが本当に混んでました...

これはそのビデオ観てなかったら素通りしてしまったかもしれないのがこれ。本当だ、足が5本あるわー。

確かに本当だったら見えないはずの裏側もきっちり美しい!

モアイもいます。

銃でできた木。

鳥の羽根をくわえてる猫、可愛く無いですか?

これ時計です。

これも時計です。

この古代のゲーム、レプリカ作って欲しいなあ。こういうのだったらお金出してでも欲しくなります。

ビデオでは飛ばされちゃいましたが、ハリーポッターのどっかの場面のモデルになったチェス。

もうこの頃にはビデオで見たのを全部見ないと気が済まなくなってきて...見逃してしまったこいつを見にまた戻り...

途中トイレ休憩も入れて見逃したのを戻って見に行ったにもかかわらず2時間で回る事が出来ました! NHKさんのビデオのおかげです!

これが数年前のナンバー1のヒット商品。未だにトップなの? カブトかぶってるのもいてさらにパワーアップ!

ロゼッタストーンのフラッシュドライブ。お土産にどうぞ!(僕は遠慮しときます...笑)

で、閉館ギリギリで目に止まってこれお買い上げ。£20が£15に。これ良いですよ。
ほら、日本。可愛いでしょ。

イギリスも勿論あります。

我が第二の故郷アメリカも。

ということで、最近何かと騒がしく、先行き不安なイギリスですが、こういう時こそ心を落ち着けて休めるときはゆっくり休んで、たまには気分転換に芸術鑑賞なんてどうですか?ってお話でした。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村         





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

EU離脱へ向けて一気に動き出したイギリス。各国、各都市のリーダーの皆さんが一斉に声明を出して世界中が浮き足立ってる感じですね。スコットランドの人達は今回の国民投票ではEUに残る方に投票した方が多かったようですが、結果的にまた独立に向けての絶好の機会をまた与えられた形になったわけで、近いうちにスコットランド独立を再度問う国民投票が行われる事になりそうです。

何と、今回の結果を受けていっそ独立してしまおうと声をあげているところが他にもあるんです。どこだかわかります? あっ題名見ればわかりますねー笑。
そうです、答えはロンドン!ロンドンがイギリスから独立っていうのはちょっと言い過ぎ?! ですよねー。
でも、国際都市ロンドンは実際にEU残留に投票した人の方が圧倒的に多かったですし、未だにEU残留を模索する動きが活発で、今回の結果に反対、国民投票のやり直しを求める署名も物凄い勢いで集まってるようです。昨日は"そのアクション遅すぎ!"って言いましたが、これが新しいムーブメントの序章なんだとしたら? ロンドン国誕生!なんてあり得ないって本当に言い切れます? ちなみに本気で独立に再度挑戦しようとしているスコットランドの人口は約530万人、ロンドンは約854万人です。頭数は問題無いんです。政治力も経済力も国際競争力も問題ありません!。ロンドンが本気でイギリスから独立を宣言したら? 最近の凄まじい動きを見ていると、本とか映画とかの架空の話なんじゃ無いの?なんて、笑って流せないよなーとつい考えてしまいます。でもやっぱり話が飛躍し過ぎですかね...
とにかく、若い人達が今回の結果には全然納得してないようで、若者vs高齢者ってはっきりした図式もすっかり出来上がってる感じです。ロンドンを除いてですが、北と南って感じで意見が分かれてるのも興味深いです。置かれてる状況とか意味合いは全然違いますが、日本でもあった"大阪都構想"の結末ともちょっとだぶる面があるような無いような...

今回の国民投票の結果のグラフはこちらで:



若い人達が希望を失った国は必ず衰退する...イギリスの新しいキャプテンになりそうなボリスさん、必死で若者に向けてメッセージを送っていた時の顔がちょっと強張ってたのが印象的でした。最近髪もちゃんと整ってきたような...スタイリストでも付き出したのか? ちょっと時期首相に向けて色気付いてきた?!

"前は好きだったんだけどなー、最近はね..."

ってD君がボソッと言ってました。若者の気持ちをしっかり捕まえておける秘策が彼にはあるんでしょうか?  彼の本当の手腕が問われるのはこれからって感じですね。
とりあえず10月まではこの大騒ぎは続きそうです...

余談ですが、今回95.9%って断トツの大差でEUに残りたいって言ったのは"Gibralter"(ジブラルタル)ってところです。イギリスにそんなとこあったっけ?って思いました? そうです。ここはイギリスなんだけどイギリスじゃあ無いんです。ここはスペインのイベリア半島にあるイギリス領なんです。そうですよねー、イギリスがEUから離脱しちゃったら肩身狭いなんてもんじゃ無いですよねー。今一番あたふたしてるのはジブラルタルの人達でしょうね、きっと。


関連記事:







暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村        











    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


みなさんもうご存知だと思いますが、イギリスの国民投票の結果、EU離脱派が勝利! その結果を受けてポンドが急落、キャメロン首相が辞意を表明、で、この流れで行くとスコットランドの独立問題もまた持ち上がってきそうだし、とにかくイギリスが、いや世界中が大震撼した日になりました。

今朝のロンドンの地下鉄はちょっと異様な雰囲気。みんなどこか不安げで、覇気がない感じで...みんな強張った顔で新聞読んでます...
朝は普段、席に座れたことがなくて、日本の通勤ラッシュ並み?!(経験したことないのであくまで想像ですが...)なのに、今日はすんなり座れて。なんか影響してんのかなあ。

会社でもこの話題でもちきり?というよりはあんまりこのことについてみんな話したくないって感じで...ロンドンはEU離脱に反対の人が多かったようですし...
余談ですが、同僚のA君の友達が今晩、今回のEU離脱決定に抗議するデモに参加予定なんだとか。

"そのアクション遅すぎやろ!"

ってツッコミ入れたのが今日一番盛り上がった瞬間でした...

それにしても、大変な時にイギリスに来ちゃったなーと。でも個人的には今回の国民投票ってある意味公平で、国民の意思がちゃんと反映して政治が動いてるし、これは健全なやり方だなあと思います。

今回のEU脱退の決断が良かったのか、悪かったのかはこれからのイギリス次第。これからも明るい未来を見据えた前向きな決断を下していって欲しいもんです。

イギリスのみなさん、とにかく元気出していきましょう! 実際に新しいルールで動き出すまでには2年はかかるんでしょ?イギリスが不安がってるから世界中に不安な気持ちが伝染しちゃってますよー。(で、僕はイギリスに住んでる外人なんですが、どうかお手柔らかに〜。)

関連記事:


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村       




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いよいよEUに残るか脱退するかの是非を問うイギリスの国民投票が明日に迫ってきました。昨日テレビでしたやってた討論会観たんですが、結局どちらを選択してもイギリスにとっては前途多難な感じですね。元ロンドン市長のボリスさんの人気が高いんだなあというのは観客の反応でよくわかりました。すでに着てる服が首相ルックです。このボリスさんが先頭を切ってEU脱退を呼びかけたことで、一気に議論が盛り上がり、今の首相と時期首相?!の覇権争いの方がクローズアップされてる気がしないでもないような...さすがにキャメロン首相は出てませんでしたけど...出てきてたらもっと盛り上がってたかも?!

とにかく、決戦は木曜日。ボリスさんは脱退に決まったらこの日が独立記念日!なんて言ってましたが、じゃあ僕らも独立する!ってまたスコットランドの人達が良いそうですよねー。イギリスが抜けるんなら我々も!ってドイツの人達が騒ぎ出したらどうなるんだろ?

まあしばらくは混乱した状態が続きそうです...

ちなみに僕の仕事仲間の意見を総称すると、

"何となく脱退ってことになりそう???どう思う?"

でした。





暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村      


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



単刀直入に言って前の僕のブログで紹介した家飯用の韓国冷麺、こっちの方が美味しいんです! 前回載せたのが美味しく無いわけでは無いんですが、麺がこっちの方が本格的(というか、これお店で出されても絶対わからないと思います。)で、
コチジャンもついてるので、次からは迷わずこれ買います。というのも、前回美味しかったので、またH mart で買おうとお店で探してたら同じのが見つからず、韓国人の店員さんに聞いたら、

"こっちの方が私は好きですけど..."

って、写真に今日載せてる方を勧められて。裏みたらちゃんと英語で作り方も書いてあるし。地元の方が勧めるんだからこれは間違いないないぞーっということで、まとめ買い。(でもうちの冷凍庫が小さいのか、この冷麺の袋が大きいのかわかりませんが、3食分x2が限度って感じでして...)

でも、どうせこの本格冷麺を食べるなら面倒くさがらず、きゅうりと大根とゆで卵、それから梨、(キムチはお好みで...)もちゃんと乗せて食べましょう!

お店のお姉さんの言う通り、

"こっちの方が好き"

でした!

ロンドンで究極の家飯韓国冷麺はこれで決まりです!


関連記事:





暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村     


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日仕事してたら、

"ハッピーバースデー!"ってA君が特大のケーキ持ってきてくれて。


ちゃんと切り分ける前に撮れば良かった...めっちゃ忙しいのにわざわざ買いに行ってくれたんだねー。このバースデーケーキは本当に嬉しい...ありがとう。

みんなの手を煩わしてはいけないのでせっせと自ら切り分けて...さあ仕事仕事!

と、思ったら見知らぬ人がやってきて、

"爆弾らしい不審物が見つかったから避難した方が良いよ! ビルの周りはもう警察が取り囲んでて封鎖されてるって。"

えっどういうこと? たちの悪い冗談?

で外見ると確かに警官が...


でも、今仕上げないといけない仕事が...命を取るか、仕事を取るか、と、しばらく天秤にかけること約10分。で、取り敢えずバースデーケーキを口に中にかきこんで...

しばらくして、警備員のおじさんがあんまり切羽詰まった感じは無いにしろ、

"あれ、まだいたの? 避難しないとダメですよー"

って。クライアントの皆様に電話で事情を説明して、避難することに。通常業務終了の時間とぴったり同じだったのでそのまま今日は帰宅です。


実はイギリスではこういうこと結構あるんですよねー。戦争の後取りきれなかった爆弾が見つかると、その周りを封鎖して撤去にあたります。なので、よく同じ理由で地下鉄とかも止まったりします。

ニューヨークだとテロの可能性の方を先に疑ってしまうので速攻で避難してたと思うんですが...でも最近はBrexitで、イギリスでもタイミング的になんか物騒な感じでして...
ということで、僕の誕生日前夜は不穏な空気がたちこめておりました...

でもみなさん、ご心配なく。全く無事ですので! この騒ぎはニュースでも取り上げられなかった?!ようですので。なので、生存確認は不要です...

とにかく、無事で誕生日を迎えられることに感謝感謝。



暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村   
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日、同僚のC君に、

"最近どこか良いお店見つけた? 良いとこあったらブログに載せてるんでしょ? ヘルシー系のでどっか良いとこあったら教えてね!"

って言われて。いくつか気に入ったところ教えてあげたんですが、今日行ったお店もこれまたオススメで。



ね、良い感じでしょ? サーモンにクスクスに緑の野菜に果物に...とにかくてんこ盛り! これに野菜&果物ジュースが付いて何と驚愕の£5!!!(ロンドンのど真ん中でこのボリュームでこの値段はちょっとあり得ないお得感があります!。)



コーヒーはClimpson&Sonsです。


チョイスはあんまり無いですが、ハム&チーズもビーフのサンドイッチもあります。

本当は今日はタイ料理でも食べようかなと思ってたんですが、ランチセットで£5ってこの看板に釣られてしまって...

このお店、中が結構広くて二階にも席があるんです。また良いとこ見つけてしまった。安い!早い!美味い!ヘルシー! ブリックレーンのランチを今しらみ潰しにあたってるので、この調子だともうじき特集が組めそうですな。笑


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、"平日ベジタリアン!"などとぶち上げておきながら、全然野菜が取れてなかったので、どっかに良いお店ないかなあと探してたら良いお店ありました!


Pilpel 

http://www.pilpel.co.uk

このお店チェーン店であんまり味は期待してなかったんですが、美味しいし安い!
みなさん、Falafel (ふらっふぉーって発音します。日本語読みでファラフェルって言ったら全く通じませんでした...笑)ってご存知ですか? 豆をすり潰して薬味と混ぜてころもつけてあげてあるもので、美味しいのはホクホクしててコロッケみたいな感じです。これといっぱい野菜をくり抜いたpitaっていうパンの中に入れてセサミソースとハマスをかけてもらって完成!(辛いの好きな人はチリソースも。)

すっごいヘルシーなのにお腹いっぱいになって素早くに食べられるからランチにぴったりです。今回は玉子もナスもアボカドも足してもらって、それでも£6ちょっと。スタンダードのセットなら£5くらいでお腹いっぱいになれます。

ロンドンにはこのお店いっぱいありますから食べたこと無い人は一度試してみてはいかがでしょう〜!


暇つぶしになったらこの下のボタン1クリック(投票)してください! 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ